日本橋店

IDEA KITCHEN PROJECT

2月の企画

東京宝島フェア

東京都・大島 / 利島 / 新島 / 式根島 / 神津島 / 三宅島 / 御蔵島 / 八丈島 / 青ヶ島 / 父島 / 母島

presented by 東京宝島事業

こんな東京、あったなんて。

青い海、波の音、神々しい山々、自生する植物。
獲れたてのお魚のおすそ分けや、すれ違うたび交わされるご近所同士のあいさつ。

東京・竹芝桟橋から船に揺られること数時間。
見慣れた都会風景とはちょっと違う、もう一つの東京があります。

周囲を海に囲まれた、気候も地質も異なる 11 の島々は、
長い時間をかけ、手元にあるものを大切に独自の文化を築いてきました。

そうした島々を旅してみると、たくさんの新しい世界に出会うことができます。

今回は、個性も様々な東京の 11 島の食材を使ったお料理をご用意いたしました。

東京からもう一つの東京へ。
旅するように島々の食を味わい、新しい世界を見つけてください。

宝物のように光る、ひとつひとつの発見が、
あなたのいつもの生活をちょっと豊かにしてくれます。

まだ見ぬ東京の宝をさがしに。さあ、出かけよう。

企画者の紹介

東京宝島事業

2018年から東京都がスタートした東京宝島事業。
東京の島々が持つ素晴らしい景観や特産品、文化などを、これまで以上に有効活用して更なる魅力拡大を図ることを目的に、東京11島の住民の方々が主役となり「東京宝島ブランド」を作り、磨き上げ、広く発信し、島の高付加価値化を実現しようという事業です。

今月の昼の特別献立

大島・青ヶ島 / サバの鬼辛ソースカツ丼(第1週)

島の子どもたちにも大人気の大島のサバカツを
離島キッチンオリジナルソースにくぐらせた丼。
大人な味わいの青ヶ島の鬼辛マヨネーズと一緒にどうぞ。

利島・八丈島 / ウツボの唐揚げ定食(第2週)

利島のウツボの唐揚げに
八丈島のうみかぜ椎茸のあんかけを添えて。
グロテスクな見た目からは想像できないほどに、
ウツボの身は上品な味わい。
まずはそのまま一口。
あんかけをかければ椎茸の旨味と相性抜群です。

式根島・母島 / 青ムロアジのトマト煮込みハンバーグ(第3週)

式根島のムロアジをつかったジューシーなハンバーグを
母島の甘みの強い真っ赤なミニトマトと一緒に煮こみました。

神津島・父島 / 赤イカ塩辛の釜玉うどん(第4週)

神津島の赤イカの塩辛をつかった釜玉うどん。
そのままでも美味しい赤イカ塩辛の塩気と、まろやかな卵、
そして世界一小粒で激辛の島唐辛子でつくった
父島のラー油が絶妙にマッチ。

三宅島・御蔵島 / あいがけ明日葉カレー(第5週)

今月の夜の特別献立

新島・神津島 / あめりか芋フライ 赤イカ塩辛ソース添え

新島の人々に昔から愛されている
白いさつまいも「あめりか芋」のフライに、
神津島の濃厚な赤イカの塩辛でつくったソースを添えて。
塩辛の塩気であめりか芋の甘さが際立ちます。

三宅島・八丈島・大島 / 明日葉三昧の〆茶漬け

三宅島の明日葉の醤油漬けと、
八丈島の明日葉ふわふわ削り節をごはんにのせ、
伊豆大島の明日葉茶をかけました。
明日葉づくしの体にやさしい
〆にぴったりのお茶漬けです。

式根島・八丈島 / ムロアジのつみれ

式根島のムロアジをつみれにし、
八丈島のうみかぜ椎茸のあんかけをかけました。
ムロアジの魚の旨味と椎茸の旨味の相乗効果で
互いの味を引き立てます。

利島・母島・八丈島 / サザエのアヒージョ

利島でとれる大きなサザエと椿オイルのアヒージョ。
さらに、八丈島のベビー椎茸を使うことにより、旨味を追求しました。
母島の辛み調味料・オガスコの辛みがアクセントです。
サザエの大きさは予想外。
是非ご自身の目で確かめてください。

八丈島・母島・戸島 / くさやチーズとミニトマト椿オイル漬け

八丈島のくさやチーズと母島のミニトマトを
ニンニク、島唐辛子、青ヶ島のひんぎゃの塩で味漬けした
椿オイルに漬けこみました。
八丈島のくさやは香り穏やかでチーズとの相性も抜群。
くさやの持つ濃厚な旨味も味わえ、初心者にもおすすめ。

御蔵島・青ヶ島 / 海苔の和風ジェノベーゼポテト

御蔵島の海苔と
青ヶ島の熟成唐辛子・鬼辛の和風ジェノベーゼ。
海苔の佃煮のほのかな甘みと塩味は、
ポテトとの相性が抜群です。
あともう少しつまみながら呑みたい、
そんなときにもおすすめの逸品。

父島・大島・八丈島 / はちみつレモンパフェ

濃厚な香りをもつ父島の島はちみつと、
甘みの強い父島の島レモンのシロップをつかった自家製パフェ。
八丈島のジャージーミルクアイスと
パッション果汁を合わせた爽やかなデザートです。
大島の牛乳せんべいと一緒にどうぞ!