Delicious Foods & Drinks From Japanese Isolated Islands

神楽坂店の今月の島

沖縄県・与那国島

「しま旅は、知る旅だ。」
「塩のからさ、砂糖の甘さは、いくら学問をしたところで分からない。舐めてみて、その味を初めて知るのだ。」とある著名人の遺した言葉の一節です。未知の世界を次から次へ、自ら確かめる。島旅もまた、これに似た体験の連続です。
与那国島は、フィリピンからの黒潮海流がぶつかる日本最初の地。荒々しい海域に位置する与那国島は渡航がむずかしく、「どなん(=渡難)の島」と呼ばれてきました。渡るのが難しいからこそ、島外の人々は与那国について様々に想像したことでしょう。
「日本最西端の島」と聞いて、みなさんはどのようなイメージを持つでしょうか。島を訪れることは、そのイメージをひとつずつ、紙に描き直していくような作業で、その完成図は想像していたものと全く違ったものになることもあります。一見コワモテだけど、やさしくたくましい漁師さん、おじいのように島のことをなんでも知っている若者、野菜の育ちにくい潮風の吹く場所だからこそ育つ、長命草。思ったよりも小柄で華奢なヨナグニウマ、夜まで明るい日本最西端の空、都会では見られない満天の星、写真で見るよりも深い深い海の青、シャイに見えて、話すと気さくな与那国の人々。 想像するだけでは味わえない感動が、与那国島には沢山あります。
世界には、まだまだ自分が知らない、ワクワクする出来事が存在するのだと教えてくれていて、その先には、またひとつ成長した自分がいます。与那国への旅も、「やってみること。」まずは、自分の目で、耳で、舌で。その島の食を味わうことからはじめませんか。

詳しく見る

離島キッチンの店舗一覧