掲示板

2018年01月09日

献立紹介

【伝統野菜タイモの唐揚げ】鹿児島県・トカラ列島

_MG_0338
トカラ伝統行事・郷土料理の中心食材である田芋(タイモ)は浅い水を張った畑(水田)で
栽培されます。サトイモとは違うホクホク感と粘り気が特徴です。
中之島にIターンとして移住された河本賢一さん・若子さんご夫婦が初めて収穫された
記念すべきタイモです。

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

2018年01月09日

献立紹介

【スイートスプリングのタルト】鹿児島県・トカラ列島

_MG_0317
中之島で育てられたスイートスプリングは、ジューシーな果汁ですっきりと甘く、温州みかんとハッサクの交雑種のため、香りも高いのが特徴です。果肉たっぷりのタルトでお召し上がりください。農家は安藤米子さん、島の郷土料理も教えていただいた元気なおばあちゃんです。

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

2018年01月09日

献立紹介

【宝島の炙り沖サワラとクロマンダイの生ハム盛り合わせ】鹿児島県・トカラ列島

_MG_0306
一般社団法人宝島のみなさんが立ち上げた「はなみ丸商店」で手作りされています。
島の漁師がその日に釣り上げた魚をその日に加工し、特殊な技術で急速凍結保存。
クロマンダイとは島の言葉で島ガツオ(スズキ目)を指します。宝島のお塩を使った生ハムは、オリーブオイルで。炙った沖サワラはさっぱりとポン酢でお召し上がりください。

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

2018年01月09日

献立紹介

【タイモの茎味噌炙りおにぎり】鹿児島県・トカラ列島

_MG_0323
タイモの茎は昔から食用としても用いられています。
中之島のおばあちゃんに教わった茎味噌をおにぎりにのせて炙りました。茎自体の甘味を生かし、砂糖は一切使っていません。島の知恵を都会で再現できることに感謝を込めて一つ一つ握ります。

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

2018年01月09日

献立紹介

【潮風らっきょうの甘酢漬け】鹿児島県・トカラ列島

_MG_0305
無農薬で育てられた島らっきょうは小粒の実が特徴で、シャキッとした食感が人気です。今回は中之島の土栽培で育てられたらっきょうをご用意しました。
季節によっては宝島の砂地栽培のものも収穫されるそうです。
Iターン者のみなさんを中心に販売を促進されています。

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

 

2017年12月28日

学生島物語

佐渡を伝える

こんにちは!
現在神楽坂店にて佐渡島のマンスリー企画をやっています、法政大学チームです!

12月27日までの佐渡島フェア、ついに終わりが近づいてきてしまいました…
私たちが佐渡島を知り、感じ、考えたことを知っていただけたらと思います。

今回私たちはフェア中の店内企画として、
「佐渡人(さどんちゅ)からの手紙」を用意しました。
来店してくださったすべての方にお渡ししています。

”佐渡人”とは佐渡島に住む人々のことで、佐渡島でお会いした方々に、
佐渡島の島民として考える佐渡島の魅力を手紙に書いてくださいとお願いしました。
後日、完成した手紙を見て、私たちはとても感動しました。
同時に、実際に見て体感してきた佐渡の風景や人々の温かさがよみがえりました。

来店し、手紙を読んでくださった皆さんにも伝わったでしょうか…?

離島キッチンにて佐渡島のお料理を食べていただき、手紙を読んでくださった方々が、少しでも「佐渡に行ってみたい!」と思っていただけたら嬉しいです。
この企画を通して出会った”佐渡人”と来店してくださった皆さんのつながりを
お手伝いできたらいいなと思っています。
1ヵ月間、離島キッチンでお出ししていた食材・料理のほかにもまだまだ魅力的なものが佐渡島で皆さんを待っていると思います。
私たちもこれからもっと佐渡島を知りたいなと思っています。
ぜひ実際に佐渡島へ足を運んでみてください!

12月に離島キッチンに来店してくださった皆さん、
私たち法政大学チームの学生島物語を読んでくださった皆さん、
そしてたくさんの”佐渡人”の皆さん、
本当にありがとうございました!!

S__49946628

文 写真
法政大学(酒井理ゼミ) 下池瞳華

2017年12月28日

学生島物語

佐渡を知る~その2~

こんにちは!
現在神楽坂店にて佐渡島のマンスリー企画をやっています、法政大学チームです!

12月の佐渡島フェアは27日まで、残りわずかとなりました。
この記事を読んで少しでも佐渡島に興味を持ってくださった方は、
まだ間に合います!離島キッチン神楽坂店へぜひいらしてください!!

前回は1日目に伺った尾畑酒造さんについてお話ししました。
今日は2日目以降のことをお話しします。

お会いしたのは、いか徳利を作っていらっしゃる「今井茂助商店」の今井茂人さん。

いか徳利を作る工程はとても大変なもので、完成に約1週間かかるそうです。
こうして大切に作られたいか徳利でお酒を熱燗で飲むと、
いかのダシが出てとても美味しいです!飲み終わったいかを炙って食べても美味しい!
とても魅力的なものを作っていらっしゃいました。

S__49864716
(今井茂助商店のいか徳利)

昼食は完全予約制の蕎麦屋、「蕎麦 茂左衛門(もぜむ)」さんでいただきました。
ご夫婦で営まれており、以前は東京に住んでいらっしゃったそうで、
実際に佐渡島に住んでみてわかったことなど、たくさんお話ししてくださいました。
ご夫婦からのお手紙を離島キッチンにご用意しているので、
来店の際には読んでみてください。

S__49864715
(蕎麦 茂左衛門のお蕎麦)

茂左衛門さんにご紹介していただき、急遽お会いできることになったのは、
お米農家「佐渡相田ライスファーミング」の相田忠明さん。
相田さんが作るお米はメディアでも紹介されるなど、
とても質が良く美味しいお米として大変人気があります。
相田さんは、佐渡のお米をたくさんの人に広めようと様々な活動をなさっていて、
面白いお話をたくさんしてくださいました。
佐渡のお米はとても美味しくて、私たちも食べた時の感動が大きかったです。
ぜひ皆さんにも佐渡のお米の美味しさを体感していただきたいです!
S__49864714

最後はいごねりを作っていらっしゃる「早助屋」の山内三信さんにお会いしました。
いごねりは佐渡の希少な海藻である”いご草”を使用した特産品です。
生姜などと合わせて食べるとさっぱりしていて美味しく、とても珍しいものでした。
S__49864713

2日目はたくさんの佐渡の方とお話しさせていただいて、とても充実した一日でした。
そして何と言っても佐渡島の人同士のつながりに驚き、感謝した一日でした。

離島という小さな島の中で、様々な人と人のつながりが形成されていて、温かさを感じました。また、そのつながりによって、私たちの調査に協力してくださる方を紹介していただいたりと、私たちのこともあたたかく迎えてくださいました。

そんな佐渡島の人たちの温かい心を離島キッチンにて皆様にも感じていただきたいです。ぜひお待ちしております!!

文 写真
法政大学(酒井理ゼミ) 下池瞳華

2017年12月20日

お知らせ

【年末年始の営業時間のお知らせ】

「札幌店」定休日:月曜日
※お食事時間以外もお買い物はできます。
12月28〜2018年1月4日 年末年始休業
・年末年始休業となります。
1月8日(月)11:30〜14:00
       18:00〜22:00(L.O.21:00)
・祝日のため、営業しております。
1月9日(火)振替休業
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

「神楽坂店」
12月28〜2018年1月4日 年末年始休業
・年末年始休業となります。
1月5日(金)18:00〜22:00(L.O.21:00)
・ディナータイムからの営業となります。
1月8日(月)11:30〜14:00
       18:00〜22:00(L.O.21:00)
・祝日のため、営業しております。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

「福岡店」定休日:月曜日
12月28〜2018年1月4日 年末年始休業
・年末年始休業となります。
1月5日(金)18:00〜22:00(L.O.21:00)
・棚卸のため、ディナータイムからの営業となります。
1月8日(月)11:30〜14:00
       18:00〜22:00(L.O.21:00)
・祝日のため、営業しております。

1月9日(火)振替休業
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
本年も大変お世話になりました。今年もあと少しです。
皆様のご来店お待ちしております。