IDEA KITCHEN PROJECT

8月の企画

しまたび展

五感が喜ぶとびきりの愛知3島へ

presented by 明治大学 政治経済学部 木寺元ゼミナール

愛知3島の魅力は豊富な海の幸と雄大な自然だけにはとどまりません。島人の、島を誇りに思う姿や島の保全・繁栄に向けた責任感、島人同士の交錯は、島のリアルとして私たちの過ごした島時間に色濃く残りました。そうした島時間を東京のお客様にもお過ごしいただくために、五感にアプローチできるような「しまたび展」を開催することとなりました。入場無料の写真展ブースに加え、驚きの島食材に触れて頂く機会もご用意しております。また、海の音色に包まれながら、「お手製しまだより」で大学生が感じる島の姿をお楽しみください。メニューには、大アサリやタコ、タイラ貝など島の自信の特産を、島の食べ方でご用意してお待ちしております。

島のリアルを味わえる店舗を目指して、五感にアプローチしたしまたびをプロデュース致します。

《味覚・嗅覚》
素材のかおり、旨みを島人の食べ方で楽しむ

《視覚》
写真展ブース設置により、大学生の活動の記録、大学生の視点で気づく島の良さ、および生産者の顔に想いをめぐらす

《聴覚》
ゆったりとした音楽の中で島たびの非日常感に酔いしれる

《触覚》
大アサリやタイラ貝の驚きの大きさに一瞬の非日常を味わう

企画者の紹介

明治大学 政治経済学部 木寺元ゼミナール

明治大学木寺ゼミナールは政策の観点からまちづくりを推進するゼミです。今回の舞台は三河湾に浮かぶ愛知3島です!島に行く前は景色や食ばかり魅力に感じていた私たちですが、実際島を訪れることで印象は180°変わりました。事実、私たちの思い出には、島人が大切にしてきた島の歴史や島人のあたたかさが深く深く刻まれています。このプロジェクトでは、島好き、食好きの大学生が、そうした島のたっぷりと溢れる魅力を東京の皆さんと共有するために奮闘します!

今月の夜の特別献立

タコとシラスと野菜の三島アヒージョ

漁獲量日本一「篠島ブランド」の釜揚げシラスと
佐久島とれたて夏野菜、締りのある日間賀島タコを盛り込み、
具沢山で飽きのこないおつまみアヒージョに仕上げました。

しらすと夏野菜のサラダ

佐久島産のとれたて直送野菜と篠島の旬のシラスを
特性つゆとオリーブオイルで和えました。
シラスの塩気が良いアクセントとなり、お皿はいつのまにか空っぽです。

タイラ貝のバター焼き

直径8㎝のおおきな貝柱をもつ篠島産タイラ貝を香ばしいバター醤油で仕上げました。
切る角度によって触感がかわるため、
貝ひもを加えた三種の触感でお楽しみください

しらすと玉ねぎのかき揚げ

篠島で感激したしらすのかき揚げを、どうにか再現できないかと試行錯誤してたどり着いた一品がこちらです。しらすの塩気と玉ねぎの甘みが引き立ちます。おつまみにもどうぞ!

夏野菜の揚げびたし

佐久島のとれたて直送夏野菜をお楽しみいただける一品です。
さっぱりとした味付けで冷たく仕上げることで、
野菜本来の旨みが存分に生かされた一品です。

大アサリのまるごとフライ

なんと、貝殻付きの驚き贅沢フライです!
通常のアサリよりも一回り二回り以上大きな歯ごたえ抜群の佐久島産大アサリを
島人おすすめのフライでお楽しみいただけます。

多幸(たこ)むすびセット

日間賀島では、なんと二層式洗濯機でタコの汚れをしっかりとります。
そうして綺麗になったタコを昆布だしと醤油の旨みをたっぷり効かせたおむすびで、お吸い物とお漬物とご一緒にご用意しております。

日間賀島てんぐさのところてんアイス(黒蜜きなこがけ)

手作りでクセのないすっきりとした味わい。
八丈島産のジャージーミルクとの相性が抜群の、夏にぴったりの逸品。

今月の昼の特別献立

3島よくばり定食

ランチを簡単にすませたいお客様にも、じっくりと楽しみたいお客様にも
3島の素材をふんだんにちりばめることで気軽に三島を感じて頂ける定食になっています。