札幌店の今月の島

沖縄県・宮古島

宮古島は、沖縄本島より南西に約290キロ、太平洋と東シナ海の間に位置し、石灰岩台地に覆われている、ほぼ三角形の平坦な島です。川がなく生活廃水が海に流れないので、非常に綺麗な海が残っています。宮古島を中心に周りには大小8つの島からなる宮古諸島があり、周囲をとりまく海は群を抜く美しさで、宮古ブルーと称されるほどです。
島では「んみゃーち」と書かれた看板をよく見かけます。これは「いらっしゃい」という意味の宮古島の方言で、宮古島では「ん」からはじまる言葉がたくさんあるそうです。「んまむぬ(美味しい)」「んむっし(面白い)」「んきゃふ(海ぶどう)」「んぬぅつ(命)」などなど。しりとりも「ん」では終わらず、延々と続くというお話を伺いました。「ん」からはじまる言葉をもつ宮古島の方々の強さとやさしさを是非とも味わってほしいと願っています。

今月の夜の特別献立(札幌店)

宮古牛ハンバーグ

宮古牛とは宮古諸島で15ヶ月以上生産・育成されたブランド牛のことを言います。
市場に出回ることが稀で、沖縄本島や宮古島の限られた店舗でしか食べられません。
とてもきめ細かくやわらかな肉質です。
おろしポン酢でさっぱりとお召し上がりください。

カツオのハラガーの竜田揚げ

「ハラガー」とは宮古島の方言で腹の皮のこと。カツオのお腹のお肉です。
一匹から一枚しかとれず、カツオの中でも一番脂の乗った部位です。
そんなハラガーをしょうが醤油につけ竜田揚げにしました。
ジューシーで熱々サクサクな食感をお楽しみください。

島野菜の酢漬け

太陽をたっぷり浴びて育った元気な島野菜を
疲労回復効果のあるお酢につけました。
暑い日にさっぱりと食べたい一品です。
ビタミンCたっぷりのゴーヤ、ミネラル豊富なナーベーラーなどの
島の野菜を揃えております。

もずくと豆腐の和え物

宮古島はもずくの生産量日本一!!
沖縄地方では昔からもずくは三杯酢で食されています。
もずくはミネラルと食物繊維が豊富で、腸内環境を整えてくれるはたらきがあります。
今回はしゃきしゃきとした食感のオキナワモズク(太もずく)をお豆腐と和えました。
夏にぴったりのさっぱりとした一品です。

本日のデザート

島の豊かさをジェラートにして表現することがコンセプトの「リッコジェラート」
島の手作りデザートや島から届いた旬のフルーツをご用意しております。
夏の南の島からの贈り物を北の大地で堪能しましょう!

沖縄県・宮古島の場所