神楽坂店の今月の島

長崎県・福江島

~美しい教会が織りなす祈りの島、福江島~
長崎、福岡からアクセス可能な島、福江島(ふくえじま)。長崎県西方沖の五島列島を構成する島のひとつです。五島列島最大の島で、国内では11番目の面積を持っています。福江島を中心に11の有人島と52の無人島からなる「五島市」に属しています。
福江島の西側には、標高461mの父ヶ岳(ててがたけ)を最高点として400m前後の山々が連なっており、海岸線にはリアス式海岸が広がっています。日本の夕日百選に選ばれた「大瀬崎断崖」など、雄大な自然の景観を楽しむことが出来る島です。
五島列島と言えば、隠れキリシタンのイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。福江島は「祈りの島」と呼ばれています。島には14のキリスト教会が点在しています。島の布教の拠点となった堂崎天主堂は、隠れキリシタンの弾圧や歴史を展示した資料館が併設された島を代表する教会の一つです。
今回の特集では、福江島の夏野菜、海鮮、食肉、と福江島の豊かな食文化をお楽しみいただけるよう、構成いたしました。五島列島を代表する、五島うどんや五島牛のコロッケなどに加えて、まだまだ知られていない島の名産品をご紹介いたします。人気の麦焼酎、五島麦を片手に島めぐり気分でお楽しみください。

今月の夜の特別献立(神楽坂店)

かつおの生節

テル鮮魚さんの生節は、椿の原木を使うことにより短時間で一気に高温となり、
直火で焼きながら旨味を閉じ込め、その後火加減を弱めながらじっくりと燻します。
ワサビ醤油とお好みでマヨネーズを合わせてお召し上がりください。

タコの味噌漬け

五島産のマダコを使用し、お砂糖・醤油・みりん・味噌で漬けこんだ珍味です。
柔らかなタコの食感と味噌の優しい味わいのあてを、五島の麦焼酎とご一緒にどうぞ。

五島三菜のさっと煮

JA五島さんが作っている切干大根、ニンジン、ひじきの乾燥加工品、
『五島三菜』を煮物にいたしました。
ビールにも、日本酒にも合う、一品です。

五島豚のソーセージと島野菜のグリル

五島牧場さんのソーセージは40年以上前から完全無添加で作られています。
今回は福江島より、野菜の詰め合わせをお送りいただきます。
オクラ・パプリカ・アスパラなど、その時々の野菜と一緒にどうぞ。

ニク勝さんのコロッケ(三個)

富江(とみえ)地区で人気の精肉店、ニク勝さん。
五島牛、五島産のジャガイモを使った、手作りコロッケです。
まずはそのまま、お好みでソースをかけてお召し上がりください。

五島手延べうどん(ぶっかけ)

五島列島の手延べうどんは食用の椿油を塗布しながら、引き伸ばす製法で作られます。
今回は中本製麺さんのうどんをご用意しました。
切れにくく、コシの強い、中細麺をさっぱり冷たいぶっかけうどんでどうぞ。
※五島うどんといえば、地獄炊き。
たっぷりのお湯でゆで上げたあつあつうどんを醤油やあごだしのたれで食べる郷土料理です。
 本当はやりたい、でも暑い…。ぜひ、続きは現地でお楽しみください。

長崎県・福江島の場所