神楽坂店の今月の島

沖縄県・伊平屋島

「てるしの」の島
沖縄県の本部半島から北へ約41km、東シナ海に浮かぶ沖縄最北端の有人離島、伊平屋島。那覇空港から車で北上する事約2時間、沖縄本島北部の今帰仁村運天港より、さらにフェリーで80分。長い旅路を経て辿り着く先には、美しい沖縄の原風景が広がります。
太陽が燦々と照り輝くこの島は太陽神を表す古語「てるしの」の島とも呼ばれ、縄文時代より人が住みついていたとされる古い島。日本史、琉球史にかかわりの深い島として知られています。五穀豊穣を祈願する祭り、先祖供養の祭り、海神祭など古くからの伝統的な祭りが生活に根付き、天照大神が隠れた天の岩戸伝説の最南端地とされるクマヤ洞窟をはじめ、先祖代々大切に守り継がれてきた拝所の数々からは島の人々の信仰心の高さが伺えます。
年間を通じて安定した温暖な気候に恵まれる半農半漁の島で、県内で石垣島に次ぐ収穫量を誇る稲作や、サトウキビ、玉葱、マンゴー栽培などの農業と、あおさやもずくの養殖をはじめとする水産業が盛んです。今回のフェアでは、東京ではあまり口にすることのできない伊平屋島の特産品を、余すことなくご紹介いたします。また、神木とも言われるクバの葉を使った民具もご用意しました。
伊平屋島を訪れた人は口々に言います。「誰にも教えたくない」と。そんなとっておきの宝物にしたくなるこの島の魅力を、少しだけ、こっそりとお伝えします。気になった方はぜひ一度足を運んでください。サンゴ礁に囲まれたブルーの海と白い砂浜を独り占めできるビーチが待っています。秋には満月の下でのマラソン大会もあります。手つかずの自然と、ゆったりと流れる昔と変わらない日常に、きっと誰しもが郷愁を誘われることでしょう。

今月の夜の特別献立(神楽坂店)

伊平屋の野菜を食べる3種盛

伊平屋島で採れた新鮮な野菜を、さっぱり食べられる前菜にしました。
冬瓜は野甫の塩で浅漬けに、そうめんかぼちゃ(金糸瓜)はサラダ風に、
新鮮な島らっきょうもご提供いたします。
お酒のアテに、ちょっと箸休めに、あると嬉しい一品です。

トゥナーザ

伊平屋村で行われている村の中学生を対象とした
起業家人材育成事業を通して生まれた商品。
伊平屋島産のマグロと、火を通したマグロのパサつきを抑えるために
伊平屋島産もずくが入ったジューシーな餃子です。
商品名の由来は島のおじぃやおばぁがマグロを「トゥナ」と呼ぶところから、
そこにギョーザを掛け合わせたもの。
商品開発のすべてが子供たちのアイデアです。

もずくの天ぷらと島の野菜揚げ

伊平屋島では美しい海でもずくの養殖が盛んに行われています。
ぷりぷりの太もずくを沖縄料理で定番の天ぷらにしました。
外はカリッと、中はプリッとした食感はやみつきになる美味しさ。
旨みたっぷりの野甫の塩でお召し上がりください。
野菜揚げの種類は日によって変わります。

ミーバイのお寿司(炙りと生で)

伊平屋島では2001年からミーバイ(ヤイトハタ)の陸上養殖に取り組み、
安定した生産量を確保しています。
ヤイトハタはクエに似た高級魚で、コラーゲンたっぷりの白身は
あっさりとした中に絶妙なまろやかさのある上品な味わいが特徴です。
まずは生でそのものの味わいを。炙りは上品な脂が楽しめます。
お醤油は使わずに、野甫の塩で旨みを引き出しました。

おさむさんのマンゴーパフェ

10棟のハウスの中で、マンゴーをはじめたくさんの果物を無農薬で育てている
國吉修さんの自慢のマンゴーを贅沢に使用しました。
さらっと自然な甘みのマンゴーは、しつこくないからいくらでも食べられそう。
食事の〆に、食べて帰らなきゃ損ですよ!

中学生が考えた!伊平屋のアイス2種

『伊平屋を愛しアイスを愛す』
伊平屋産の黒糖アイスに、伊平屋のお米がはいったアイスです。
『ドラゴンのキス』
伊平屋産ドラゴンフルーツのやさしい味わいに、
ラムネがアクセントのさっぱりアイス!

漁協のマグロカレー(ランチ限定)

伊平屋村漁業協同組合の自慢のマグロカレーは
スパイスの効いた本格的な味わいで、夏にぴったり。
煮込まれてほろっとしたマグロの食感は、まるで本場のチキンカレー。
辛さは強くないので、お子様でも食べられます。
暑い日にぜひどうぞ。

沖縄県・伊平屋島の場所