都会の真ん中、島時間が流れる隠れた一軒家。——

賑やかな商店街から一本路地裏に入ると、そこは島の舟小屋をイメージした一軒家。古い民家をリノベーションした店内では、全国の島の食材をバランスよく使い、鮮魚のお刺身や郷土料理などを提供しております。スタッフから島の話を聞きながら一杯、ゆったりとおくつろぎください。
店舗写真

※離島キッチン神楽坂店は、島根県・海士町観光協会が運営しています

神楽坂店の今月の島

「花の浮島」北海道・礼文島

礼文島はアイヌ語「レプンシリ」に由来し、「沖の島」という意味の、日本海に位置する最北の有人離島です。南北 29 km、東西 8 km の細長いこの島は、太古の昔、大陸から切り離されたことで奇跡的な自然が今もなお残されています。
最大の特徴は、色とりどりの 300 種類もの高山植物。本州では 2000 m 級の高山でしか見られない植物が、礼文島では海抜 0 m から見られます。6 月には島中が花々に包まれ、この景色を求めて大勢の人々が訪れます。
トレッキングコースが多いのも魅力のひとつ。氷河期からの貴重な植物や、礼文島だけに咲く花々と、壮大な景色は圧巻です。また、離島のため生息する動物が限られおり、哺乳類はネズミ・シマリス・イタチなどの小動物だけ。ヒグマやキタキツネは生息していません。
そして礼文島を語る上ではずせない豊富な海鮮たち。再北限に位置する礼文の海は極寒で、冬の水温はほぼ 0 ℃。この冷たさが、最高級のホッケや鱈、タコや鮭をたくましく育てます。冬ならではの味覚をどうぞお楽しみください。
東京から稚内空港まで 1 時間 55 分。稚内から礼文島までフェリーで約 2 時間。北の離島は少し遠く感じますが、礼文島でしか味わえない感動があります。2019 年の島旅始めは、礼文島で決まり!

詳しく見る

店舗情報

離島キッチン 神楽坂店


営業時間 : 11:30〜14:00 18:00〜22:00  L.O. 21:00
定休日 : 月曜日のランチタイム (ディナータイムは営業しております)
※ 月曜日が祝日の場合は営業、翌日火曜日ランチタイムが休みとなります


住所 : 東京都新宿区神楽坂6-23 [Google Maps]
TEL : 03-6265-0368 ご予約受付フォーム
運営主体:一般社団法人海士町観光協会





東京メトロ 東西線 神楽坂駅 出口1から徒歩2分
都営線大江戸線 牛込神楽坂駅 A3出口から徒歩5分
東京メトロ 南北線 有楽町線 東西線 ・都営大江戸線 飯田橋駅 B3出口から徒歩7分
JR飯田橋駅 西口から徒歩8分