福岡店の今月の島

熊本県・上天草

天草は本土とは天草五橋と呼ばれる大きな橋でつながっているため島のイメージがわきにくいですが、大小120個もの島が点在している諸島です。その島々には、恐竜の島の御所浦島や、湯島だいこんのブランドが有名な湯島、レタスが日本各地に出荷される苓北町など、多種多様な島々が見られます。
それぞれの島々が特徴的な天草ですが、大きく二分しますと上天草、下天草になります。上天草の観光地としては、リゾテラスというドライブスポット、道の駅上天草さんぱーる、そして天草四郎ミュージアムと見所がたくさんあります。福岡から車で 2 時間半、食も観光もたっぷりな天草へ、ぜひ一度訪れてみてはいかがですか?

今月の夜の特別献立(福岡店)

ちりめんじゃこと大根のサラダ

朝一番に水揚げされたかたくちいわしの幼魚を釡茹で。
その後に天日干しで作られる上天草のちりめんです。
中でも北垣水産さんのちりめんは、バイヤーいちおしの逸品です。
千切りにした甘みが増してきた天草の大根と、
素揚げしたかりかりの大きなちりめんと水菜でめしあがってください。

たこと大根のやわらか煮

天草の名物として名高いたこです。
天草沿岸で捕れますたこは「地だこ」と呼ばれ、
味や歯ごたえ、色の濃さが特徴です。
今回はどなた様にも楽しんでいただけますように、柔らかく炊き上げました。

鯛そうめん

四方を海で囲まれ干満差が大きいのが天草の海。
その激しい潮流で育った鯛は、引き締まった身が特徴的です。
その鯛を甘辛く煮付けて、湯がいたそうめんを一束加えた郷土の味。
島の宿で食べたその味を再現した、店長懐かしの一品です。

がねあげ

田んぼが少ない天草地方で昔から島民に愛されてきた、さつまいも。
そして、法事の際には魚が食べられない天草で
精進料理として長く受け継がれてきたのが、がねあげです。
がねあげとは、かにに似せて作ることから
その名がついたといわれており、
天草だけでなく鹿児島でも食される郷土料理です。

このしろ寿司

こはだの出世魚がこのしろです。
沿岸性の群泳魚で、漁獲量、消費量ともにとても多い、
天草定番のお魚です。 お祝い事に欠かせない姿寿司ですが、
今回は食べやすいサイズにしてご提供いたします。

熊本県・上天草の場所