掲示板

2017年05月10日

離島入門

離島入門 第17回 食材探しの旅 利尻島9

最近、友人からプレゼントされたのが、阿川佐和子さんが描いていらっしゃる
「残るは食欲」というエッセイ本。阿川さんの食に関するエピソードを面白くライトなタッチで描いてらっしゃいます。お腹が空いた夜中に読んでいると
「ああ、お腹すいた。。」と胃袋が悲しんでいるのが分かります。

私にぴったりな本、とこれを贈ってくれた友人の意図はさておき。、、

目玉焼きはソース派?醤油派?それとも塩派?
ショートケーキの食べ始めはイチゴから?クリームと生地から?
人の食に関するこだわりや習慣は、「え、そうなの?」と違いに驚くことから、
「あーわかる!」と共感できるものまで実に様々だと感じる一冊です。

私は、旅に行ったら必ず食べると決めているものがあります。それが、ご当地アイス。正式に言えばソフトクリームが良いです。アイスクリームは家でも食べられますが、
ソフトクリームは溶けが早く、買ったその場でしか食べられません。
冷凍庫で保存できるソフトクリームもありますが、作りたての空気を含んだ柔らかさはやはり店頭で食べるからこそ。頼む時はコーンではなく、必ずカップ。
理由は二つで、ソフトクリームそのものに集中するためと、単に私の食べるスピードが異常に遅いためです。

そんな瞬間の芸術、ソフトクリームが旅の先々にあれば、わさび味でも、上にイナゴが載っていたとしても、必ず食べるというのが私の中の掟。いや、むしろ聞いたことのない食材の組み合わせの方が好奇心をそそります。
旅の同行者がいる場合は、かもしだされる「え、そうなの?」という怪訝顔も新たなアイスとの出会いを祝福してくれるようです。

 
前置きが長くなりましたが、

次は私が利尻島で出会ったソフトクリームのエピソードについてお話しします。

IMG_4415

写真 文
辻原 真由紀