掲示板

2017年11月23日

行商日記

行商日記 第38回

西荻窪の期間限定店舗オープン初日。昼の11時30分から夜の22時まで、
一人で休みなく働く怖さをこの時はまだ知る由もありませんでした。

店内のBGMは、我らが海士町の民謡である「キンニャモニャ節」。

ちなみにキンニャモニャ節とは、日本の各地から北前船で伝わったという説や、
キン(金)もニャ(女)も大好きで、モニャ(文無し)な爺さんこと
杉山松太郎さんが歌ったという説など、さまざまな説があります。

さて。

オープンの看板を出してから20分ほどすると一人の女性がお店にやってきました。
ぼくは震えそうになる手で水をお出しし、カウンターに座る女性との1対1の対峙に
ボクシングに似たような緊張感がほとばしっているのを感じました。

「この寒シマメっていうイカの漬け丼をください」
「はい。ありがとうございます。少々お待ちください」

ぼくはイカの漬け丼を作りながら、
カウンター商売の難しさをひしひしと感じていました。
お客さまが本を読んでいたら良いのですが、特に何をするでもない場合、
話しかけてよいものなのか、黙っていた方がよいものなのか、全く分かりません。
ただ、観光協会という立場上、ここはとにかく話しかけるという選択を取ります。

「ご近所の方なんですか?」
「ええ、そこでアイスクリームのお店をやっているの」
「あ、こんど食べにいきます」
「ありがとう。でも、一人でお店やるの大変でしょう?」
「そうですね、実ははじめてなんで緊張しています」
「あら、そう?慣れた感じがするけれど」
「今まではキッチンカーで販売していまして」

女性はキッチンカーの販売のことや、海士町のことや、離島キッチンの将来の夢など、色々と話を聞いてくださり、最後の方にはお店の経営のことなどかなり詳しいことを
教えてくださいました。

後で知ったのですが、女性は西荻窪のアイスクリーム工房ぼぼりという有名なお店を
やっていらっしゃる方で、その後、1週間の間に4回も離島キッチンに通ってくださいました。

オープン初日の幸先良いスタートを切ってくださったお客さまでした。

文 佐藤 喬