掲示板

2017年08月25日

お知らせ

【8、9月の営業時間のお知らせ】

「神楽坂店」
9月より「月曜日」が定休日となります。

9月1日(金)18:00〜22:00(L.O.21:00)
棚卸しのため、ディナータイムからの営業となります。
定休日:月曜日

9月18日(月)11:30〜14:00
        18:00〜22:00(L.O.21:00)
祝日のため、営業しております。

9月19日(火)振替休業


「福岡店」
8月31日(木)11:30〜14:00
ディナータイムは貸切営業となります。

9月1日(金)18:00〜22:00(L.O.21:00)
棚卸しのため、ディナータイムからの営業となります。
定休日:月曜日

9月18日(月)11:30〜14:00
        18:00〜22:00(L.O.21:00)
祝日のため、営業しております。

9月19日(火)振替休業

みなさまのご来店、お待ちしております。

2017年08月25日

移住入門

移住入門 第20回

関東では8月に入ってから雨が続いているそうですが、
ここ小豆島ではさすが瀬戸内海性気候と言った感じで晴れの日が続いています。
8月も半ばを過ぎ、暑さもピークは過ぎたかなと思ったのですが
そうではなさそうでした。

DSC_0051
先日、小豆島オリーブ検定という検定が行われました。
これは、オリーブの島である小豆島で行われるオリーブに関する検定です。
オリーブの歴史や栽培、品種など小豆島を中心として発展したオリーブのあれこれを
問われます。

例えば、オリーブオイルの国内自給を推奨するきっかけとなった出来事はとか、
エクストラ・バージン・オリーブオイルを満たす基準はどれか、など。

普段、何気なく目にするオリーブの木や食卓を彩るオリーブオイルについて、
「見た目が他の木にはない感じでいい感じだよね」や「とりあえず健康的だよね」
ぐらいな抽象的なイメージしか持っていなかったのですが、
検定の勉強を通じてその根拠や他のものにはないものが多くあるオリーブが唯一無二であることを知ることが出来ました。

また、小豆島とオリーブの歴史を強い繋がりを知ることもでき、
何故小豆島がオリーブの一大産地となったのかを分かりやすく説明されています。

検定の結果はまだまだわかりませんが、合格した時には受験したビギナー検定よりワンランク上で、テイスティングも含めたマイスター検定にも挑戦したいと思っています。

東京では10月8日(日)に検定が実施されるそうですが、
受験申し込みの期限が9月の最後の方なのでまでまだまだ余裕はあるみたいです。
オリーブ博士を目指して受験してみてはいかがでしょうか。


つづく。

2017年08月24日

学生島物語

新東京店と東京六大学プロジェクトの始まり

2017年6月26日、そこには約40名の学生達が集まっていました。
6大学プロジェクトKick off-1
この日、離島キッチンの新たな挑戦が始まったのです。
東京六大学プロジェクト。
それは、学生達が新たな離島キッチンをつくっていく物語。

2018年1月、離島キッチンはさらなる離島活性化に貢献できるよう、
東京都内に「IDEA KITCHEN」をオープンします。
「IDEA KITCHEN」は学生から社会人まで多様な人々が集まり、
より多くの人に島の魅力を伝えていくための様々なアイディアを考え、
実行していく場です。

そして、この「IDEA KITCHEN」で最初に行われるプロジェクトが、
「東京六大学プロジェクト」です。
このプロジェクトでは、六大学の学生が自ら島へと足を運び、島の人々と交流して、
その魅力をより多くの人々に伝えていくための店舗企画をします。
学生が企画した施策は、「IDEA KITCHEN」で1ヶ月ずつ実行されていきます。
最初の挑戦者たちは立教大学経営学部の高岡ゼミと
法政大学キャリアデザイン学部の酒井ゼミの学生達です。

6月26日は、この学生達のKick offの日でした。
緊張とワクワク感が混じった表情を浮かべていた学生達。
6大学プロジェクトKick off-24

彼らがこれからどんな企画をしてくれるのか楽しみです!!
「学生島物語」では、そんな彼らの企画実行に至るまでの物語をお伝えしていきます。
店舗を企画してく中で感じた島の魅力や課題、ぶつかった困難や乗り越えた経験など、学生が感じたことを学生自身が発信していきます。

これから始まる学生たちの冒険に乞うご期待!!

つづく

***************************************
【東京六大学プロジェクト参加者募集中!!】
参加希望の方は、以下のURLより参加登録をしてください。

-早稲田大学・慶応大学編- 店舗経営に興味がある学生必見!
東京六大学IDEA KITCHENプロジェクト
https://trunk.fm/trainings/994

-明治大学・東京大学編- 店舗経営に興味がある学生必見!
IDEA KITCHEN六大学プロジェクト
https://trunk.fm/trainings/993

【東京六大学プロジェクトに関する問い合わせ先】
株式会社離島キッチン
プロデューサー:澤村
sawamura@ritokitchen.com
***************************************

2017年08月19日

移住入門

移住入門 第19回

お盆休みで初めての帰省をしました。
3月の末に移住した私は、地元の東京、神奈川に帰るのは4か月ぶり。
一人暮らしも社会人として働くことも、何もかもが始めてだった私は、
馴れないないことが多くありながらも少しずつ島での生活に順応してきたと
自負していたつもりではありますが、
ひっきりなしに来る電車やネオン街を見るとなんだか心が落ち着きます。

DSC_0007

帰省中は、神楽坂の離島キッチンを訪ねたり、地元の友人と会ったり、
家族とゆっくり過ごしたりとしましたが、
総じて言われたのが「黒くなったね」という言葉。
仕事柄というのもありますが、自然との距離が近い小豆島は、
私に限らず島に住んでいると、屋外にいる時間は都心部にいる人よりもきっと多いはず。お陰様で健康的な生活を送ることが出来ているような気がします。

また、「よく小豆島のことをテレビで見たよ」とも。
全国的なニュースになったエンジェルロードの看板に関してもそうですが、
小豆島の観光や産業などを取り上げる番組を見る機会がよくあったそうです。
(私自身が移住したことで気にかけて意識的に見てくれているのか、
放映自体が多くなっているのかは定かではありませんが)
私自身も帰省中に某番組の島特集の一環で小豆島観光に関する放送を見ました。
こういうテレビを通じて見る小豆島は住んでいる身ではあるのですが、
自然と産業の風景がうまく溶け合った素敵な島だなと改めて感じます。

外からみる小豆島、内から見る小豆島も、二つの視点を持ちながら、
これからも小豆島で頑張っていきたいなと思います。

都会の空気に名残惜しさを感じながら、小豆島へ戻ってきました。


つづく。

2017年08月19日

行商日記

行商日記 第37回

1週間限定の店舗オープンまであと3日。
ぼくは準備の忙しさのあまり歌をくちずさむようになりました。

「夢と飲むから美味しいさ~、オジー自慢のオリオンビール~♫」

離島キッチンのコンセプトとして沖縄本島は商品ラインナップから
外して考えているのですが、この期間限定店舗ではビールはオリオンを
扱わせていただくことにしました。その他のアルコールは、島の焼酎のみ。

竹芝にある「東京愛らんど」に各島の焼酎を買いにいき、
カウンターテーブルにずらりと並べると、それなりにお店っぽくなりました。

「島とつくものなんでも好きで~♫」
「···すいません」
「おばーが夕飯炊いてるさ~♫」
「···あのう、すいません」
「ひゃっ!」

入り口には困惑した表情の若い女性が立っていました。
高らかにビブラートを効かせて歌を唄っていたぼくは顔を赤らめます。

「すいません、ここお店になるんですか?」
「はい、3日後からオープンする予定です。1週間限定ですけど」
「何のお店ですか?」
「全国の島の食事やお酒を集めたお店なんです」
「沖縄料理ですか?」
「いや、沖縄だけじゃないんです」

若い女性は、沖縄料理じゃないのにBEGINを高らかに歌っている状況に
すこし混乱しているような気がしました。

「もしかして離島キッチンというお店ですか?」
「はい。ご存知なんですか?」
「前にテレビのニュースで見ました。たしか車で販売してましたよね?」
「取材の時はそうでした。今回は固定店舗にチャレンジということでして」
「わー、食べて見たかったんです、あのイカの丼。オープンしたらきますね」
「ありがとうございます。お待ちしておりますね」

若い女性はBEGIN問題を解決したせいか、晴れ晴れとした表情で去っていきました。

文 佐藤 喬

2017年08月11日

移住入門

移住入門 第18回

北の岡山は「晴れの国」と称され、南の香川は水不足が問題になるなど降水量が少ない、その中間に位置する小豆島も同じ瀬戸内海式気候。
基本的に雨が少ないというのは嬉しいことなのですが、ずっと続くとなると
農作物等に影響が出るので困ってしまいます。
適度に降ってくれたらいいのになあと思うのですが、今回やってきた雨は
強力な勢力を持つ台風5号です。
DSC_0008

小豆島に来て初めての台風を経験しました。
山も海も近いこの場所は、波が高く上がり背後にそびえる山の様子に気を配りつつ、
若干の緊張をもって迎える台風です。
小豆島に台風が最接近したのは月曜日の昼頃ではありますが、
その影響は前夜からありました。
帰省客を含め大勢のお客さんで盛り上がる予定だった、町のお祭りも中止となり、
島の湾内には、台風から避難するため航海中の多くの船達が集まっていました。

迎えた月曜日は前日からアナウンスがあったように、小豆島を発着する
すべての船便が運休となり、それに伴って多くの施設や飲食店が休業となりました。
私自身もその日は仕事が休みとなって1日中部屋で過ごしては、
台風が過ぎ去るのを待つばかりでした。

台風自体は、いつもの雨より一段と強いものの、災害に繋がるようなことがなく
無事に過ごすことが出来ました。

夕方には暴風域を抜け出して雨風共に弱まってきたので、スーパーへ買い出しに
出かけたのですが、パンや卵などを中心とした一部商品が品切れとなっていました。
もちろん、船便が欠航した影響です。
交通が遮断され孤立した島となったわけではありますが、
ただそれも今日一日ということもあり、他の商品は全体的に少なめではあるものの、
不自由さを感じるものではありません。
内海に浮かぶ小豆島でも、これが続くとなると困りますが。
天候も落ち着き、雲の切れ目から現れた向こう側の高松の高層ビルが見えてくると
ちょっとした安心感に包まれます。

一つ。そして、また一つ島での経験が増えました。
これから迎えるどんなことにも立ち向かっていきたいです。


つづく。

2017年08月06日

離島入門

離島入門 第21回 食材探しの旅 利尻島 13

利尻島 3 日目。その日私は島の甘味を食べ歩いていただけではありません。

もう一つ、大事な大事な食材ストーリーがありました。

利尻島には二つの町があります。
今日は滞在していた利尻町のお隣、利尻富士町の食材探しの日。
「利尻富士」というのは島の中央にそびえる利尻山の別名で、
「今日は利尻富士がきれいに見えた〜」などというのが島の人々の挨拶になっていて、
いかにこの山が島の人にとって特別な存在かというのを知らされます。

もう一つこのシーズンの島の人にとって特別な存在、それはウニです。

私が訪れた6月はウニ漁がちょうど解禁になるころで、人々の話題も、
今年はウニがどれくらいの量獲れているかとか、どれくらいの値段がついたとかといった内容なのが利尻らしい。その日の朝は、今日初めてバフンウニが鬼脇(おにわき)港で揚がった、と島内で噂になっているのを耳にしました。

まずは漁業協同組合へ。漁協が島にあれば離島キッチンスタッフは必ず訪れます。
その島で取れる海産物の情報を仕入れる絶好のチャンスがそこには眠っています。

訪れた6月はまさにウニ漁のシーズン。ウニ漁は漁協によって管理されており、
早朝に島内のアナウンスでその日は何漁が可能か知らされます。
何でも個人の自由で獲ってよいわけではないんだな、と自身の無知を少し恥じましたが、こういった島で当たり前の仕組みを島外の私たちは知らないことが多いです。

利尻漁協を訪れると朝早くに上がったウニの殻をむき、選別しているところでした。
ウニ

私にとって、この光景は島らしさが溢れていて利尻カレンダーを作ったら
6月はウニ漁のシーンだなあ、とぼんやり考えていました。

詳しい海産物のお話を聞くべく、対応してくださったのは漁協の入井さん。

この頃になると、どこそこ構わずノートを開く姿勢がついていて、リュックを背負い、
ノート片手に入井さんに質問を投げかけまくる私の姿は小学生の社会科見学さながらだったことでしょう。

—–

利尻でとれるウニには 2 種類。

キタムラサキウニ…島の言葉ではノナ。
         薄い色で比較的あっさりとした身。ウニの殻の棘が長い。
エゾバフンウニ…利尻で「ウニ」といえばこちら。
        前者と比べると高値がつき、オレンジ色の身と濃厚な味わいが特徴。

—–

しっかりメモをとり、満足し時計を見ると、ちょうどお昼時にさしかかっていました。
一番最後に挿入

写真 文
辻原 真由紀

2017年08月06日

行商日記

行商日記 第36回

売れたり、売れなかったり。
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。

根無し草のような行商販売も傍目には気楽なように思えますが、
実際にやってみると現実的な苦労が絶えません。

安定した販売場所がない移動販売は、売る場所を探すのがとにかく大変。
イベントを探しては主催者に連絡をして、書類のやりとりをして、
さらには保健所の許可をとってと準備だけに2~3日はかかります。

イベントを探す→書類のやりとりをする→販売をする→イベントを探す···。
この無限ループから脱却するには、何かアクションを起こさねばと思っていた矢先。

お世話になっている島根県庁のJさんが、「佐藤くん、お店やってみない?」と
面白そうなご提案をしてくださいました。

とはいえ、常設店舗ではなく「期間限定」でのお店とのこと。
条件は下記のようなものでした。

場所:西荻窪から徒歩2分
客席:カウンター6席と4名テーブル1席の合計10席
期間:4月中旬の1週間
家賃:10万円/週

客単価とか回転率とか、今となってはそれっぽい専門用語を語りそうなものですが、
当時のぼくが知っている単語は「売上」と「仕入」のみ。

家賃が高いのか安いのかの判断もまったくできませんでした。
さらには、損益計算書であったり、原価率であったり、販売管理費であったり。

店舗運営に必要な知識はまったくのゼロで、
ただ阿呆のように「わーい、お店やりたい」と思っただけでした。

さて。阿呆なりに準備を進めるも、どうやら1週間だけの期間限定とはいえ、
お店をオープンするには、盆と正月が一気にやってくるほどに大変という事実に気づき始めます。

「何から手をつければ良いんだろう?」

途方に暮れながら、オープンまであと3日と迫っていました。

文 佐藤 喬

2017年08月06日

移住入門

移住入門 第17回

毎年思うことなのですが、今年は去年より一段と熱くなっているような気がします。
電車や駅ビル、校舎などの屋内で一日の大半を過ごしていた去年と比べたら、
今の生活は外にいる時間が断然多く、天気予報を隈なくチェックする日々です。

DSC_0001
毎日のように見る海は、日常と化して島に移住したことも忘れてしまうのですが、
観光客が乗る県外ナンバーを見ると、
「ここは瀬戸内海に浮かぶ島なんだ」と改めて島に住んでいることを実感します。
そんな小豆島での生活ですが夏休みにも入り、連日多くの海水浴客で賑わっています。

島内には海の家が何軒も立ち並ぶ大きな海水浴場から、こじんまりした雰囲気でプライベートビーチ感が満載な海水浴場まで島の至る所にあります。
また、海もこれ以上青くなるのかと思わせるくらいの、青さの頂点を迎えており、
梅雨も明け暑さも増して、絶好の海水浴日和が続いています。

海では浮き輪や泳いで遊ぶ人も多くいますが、マリンスポーツも充実しており
シーカヤックやウエイクボードなどで遊ぶこともできます。
特に最近ブームとなっているのが、SUP(スタンドアップパドルサーフィン)。
サーフボードより大きいボードの上に立ち、パドルで漕いで遊ぶマリンスポーツです。
水面と同じ高さで移動しパドリングを習得すれば、360°自由に動き見渡すことが出来るSUPは、そこから見る日の出や夕陽は格物なものだそうです。
私自身、まだSUPは未経験ですが近いうちにやる予定なので、
その際は感動をみなさんにお届けできたらと思います。

日本の多くの海水浴場では地平線が見えるのでしょうが、ここは内海に浮かぶ島。
海を挟んだ向こう側に陸地が見えるその景色は、私にとっては不思議な感覚。
たまに、実は向こう側とつながっている場所があって、
ここは島なのか陸地部なのかわからなくなる錯覚に陥ることも。
そんな島で迎える夏はこれからも様々な発見がありそうです。


つづく。