掲示板

2016年02月21日

物販紹介

香川県・小豆島【シトラスジンジャーシロップ】

_IGP9245
農薬・化学肥料を使わずに育てられ、
そこに小豆島産スダチ、国産100%きび砂糖
オーガニックスパイスをあわせて
丁寧に煮だしました

爽やかな風味は、
ホットジンジャーがオススメ
炭酸で割れば、ジンジャエールに

お酒や料理の調味料としても
お使い頂けます

写真 文
幸 秀和

2016年02月21日

物販紹介

香川県・小豆島【醤油もろみ〜もろみちゃん〜】

_IGP9231
150年以上使われた杉樽で仕込まれた
醤油もろみ

大根、お豆腐、豚のしょうが焼き、
ブリの照り焼きなどにもどうぞ
深い味わいと豊かな香りが広がります

写真 文
幸 秀和

2016年02月21日

物販紹介

香川県・小豆島【手作りイチゴジャム】

_IGP9805
このジャムのイチゴは
女峰(にょほう)という品種です

形がキレイに整っているため
ケーキやデザートによく使われています
甘み・酸味・香りのバランスが良く
生クリームなどと相性が抜群です

甘い香りにしっかりとしたつぶつぶ感
あと味はさっぱりと
ヨーグルトやパンケーキとともに
お召し上がりください

写真 文
幸 秀和

2016年02月21日

献立紹介

香川県・小豆島【鱧天(はもてん)】

_IGP9256
瀬戸内海で穫れた鱧(ハモ)を
四海漁協女性部のみなさんが
ミンチとしての食感、
上品な色合い、温度など
様々な知恵を出し合い完成された逸品です

鱧100%のふんわりとした上品な味を、
生姜醤油でお楽しみ下さい

四海漁協女性部代表
一田様にご協力頂きました

写真 文
幸 秀和

2016年02月21日

物販紹介

香川県・小豆島【肥土山そだち】

_IGP9238
瀬戸内海・小豆島の山々に囲まれた盆地
肥土山(ひとやま)地区で育てられました

名前の通り、土壌が豊かで
他にもたくさんの農作物が実ります
初秋には黄金色の稲穂が
棚田いっぱいに広がります

島の恵みがたっぷり詰まったお米です

写真 文
幸 秀和

2016年02月21日

物販紹介

香川県・小豆島【御塩(ごえん)】

_IGP9230
瀬戸内海に囲まれた小豆島は塩造りが盛んで
その良質な塩は「島塩」ブランドとして
江戸時代には、幕府へ献上していました

それを昔ながらの製法で復活させたのが
塩屋 波花堂の蒲敏樹(かばとしき)さんでした

やさしいからみでほんのりと甘みを感じる
小豆島の海、そのものの味

ごま塩おむすび、天ぷらにと
手作りの塩を味わってください

写真 文
幸 秀和

2016年02月21日

物販紹介

香川県・小豆島【エキストラバージンオリーブオイル】

_IGP9240
熟れ具合や傷などを目で確かめながら
選りすぐりだけをひと粒ずつ摘み取ります

一世紀以上にも及ぶ歴史をもち
2013年にロサンゼルスで行なわれた
国際エキストラバージンオリーブオイル品評会で
香川県から出品した15点全てが
金賞または銀賞に輝くなど
世界からも評価されています

辛味と苦味がバランス良く
やわらかな風味が特徴で
カルパッチョやバケットなどと
相性が抜群です

写真 文
幸 秀和

2016年02月13日

行商日記

行商日記 第9回

岩がき春香に永遠の愛を誓ったその夜。
行商面接の第二夜目は、島の方々&面接者とで大宴会となりました。

海士町の中村旅館の大広間にはビール、焼酎、日本酒がずらりとならび、
さらには、海の幸、山の幸がオンパレードのビバ、島の宴!

とはいえ、我が身は面接を受ける立場。
無様な酔態をさらしては選考評価に関わるかもしれない。
と、気を引き締めたのも束の間、ほどよい疲れにアルコールが入るし、
青山敦士くんと飲み交わすうちに楽しくなり過ぎるしで、一時間後には泥酔状態。

「青山くん、君はいい、実にいいよ」などと偉そうな口調ではしゃぎまくり、
「行商やろうぜ、キャッホーイ!」と学生のような酔態をさらす自分がいました。

宴が始まって7時間が過ぎた頃。
島の人も面接者も座布団を枕に寝ているような、兵どもが夢の跡の深夜二時。

そんな中、ぼくと青山くん、そしてフェリーで見かけたミニスカートの女の子の
三人で延々と酒を飲み続け、それぞれの将来の夢について語り合っていました。

女の子の名前は長松久美さんという子で、小豆島出身。
関西の大学を卒業後、東京のデザイン会社で働いているとの話でした。

「キッチンカーで全国を回るのは楽しそうだよね」とぼく。
「名前はラブワゴンみたいに、サザエワゴンですかね?」と青山くん。
「行く先々の港で誰かと恋に落ちたらワゴンから降りられるみたいな」
「商売にならないっすね~」

行商でどんなことをやりたいかを語り合っている中、
「ウチな、それよりもお嫁さんになりたいねん」と語りだす長松さん。

「行商と全然関係ねえじゃん」と二人でツッコミを入れながらも、
我が道を行くタイプのこの子は受かるだろうな、と感じていたのを覚えています。

そして、夜が更けていき、確実に二日酔いモードで布団にもぐりこむのですが、
「あれ?結局、面接っていつやるんだろ?」という根本的な疑問を胸に爆睡。
そして、翌朝。
10491216_657328371023940_313477845960376140_n
「これから面接を行います。名前を呼ばれたら来てください」という荘厳なお達しが。
ぼくはグワングワンする頭を抱えながら、ウコンの力に全力で頼ろうとしていました。

文 佐藤 喬
写真 幸 秀和

2016年02月10日

離島入門

離島入門 第6回 「白イカのお造り」と「隠岐島の白イカのお造り」

私が小学校のとき、住んでいた家の裏には小さな家庭菜園がありました。

とうもろこしやトマトやしそ。
休日に両親が種まき・苗植え・水やりなどを一緒に手伝ったことがありました。
農薬も使っていないため、常に葉を食ってしまうバッタとの戦いでした。

当時の私はかなりの偏食で、野菜が大嫌いでした。
でも、苦労して毎日面倒を見たミニトマトの苗が伸びて、
まだ青いトマトの実をつけたとき、
「赤くなったら、食べてみたいな」と思ったのです。

自分で初めて料理をして食べたら、美味しかった。

という経験、小さい頃になかったでしょうか。
「食」の向こう側にある物語を知るということには
この経験に似た感覚があるなと、この頃思います。

私が離島キッチンのお店に立ち始めて、2か月と少しが経ちました。

お食事を出すとき、
離島キッチンの皆で決めていることが一つあります。
それは、必ずどこの料理か分かるよう島の名前を皆さんにお伝えすることです。

ところが、お店が賑わい忙しくなるとつい、
料理の名前を伝えるだけになってしまうときがあります。

「白イカのお造り」と「隠岐島の白イカのお造り」。

この二つの説明をした時のお客さまの反応には大きな違いを感じます。
「白イカのお造り」とだけ説明を受けたとき、
でもどこで取れたのか、誰がどうやって作っ たのか、分からないまま。
「海士町の白いかのお造り」と説明をすると、
「え?隠岐って島根県の!?あんなに遠くから?」とよく驚かれ、
そこからお客さまとの会話が始まります。
_MG_5123
白いかは、CAS(Cells Alive System)とよばれる瞬間冷凍の技術を使って
離島キッチンに運ばれます。
瞬間的に細胞を壊さずに凍らせ、
鮮度を保ったまま各地に海産物を運ぶこの技術を、
海士町は全国の自治体で初めて導入し、
「遠隔地」という離島のハンディキャップを 乗り越えることができました。

実はこの CAS、導入するのに約5億円。
当時の海士町の年間予算は約40億円ですが、
社会福祉費、議会の運営費など毎年の必要経費を差し引くと
自由に使える予算は年間1億円程度です。

CAS のために巨額をかけることへの反対もありましたが、
役場の職員が進んで給料カットを申し出ると、
それを見て町民は「役場は本気だ、それならば私たちも」と
ゲートボールの補助金や高齢者のバスの割引も辞退するなど、
行政と島の人々が力を合わせることで、なんとかこの費用を捻出できたのです。

こんな物語を知ると、海士町の白いかを食べたとき、
しみじみとした気分が湧いてきて、食べたとき一層幸せな気分になりませんか?

離島キッチンで、食の背景にある様々な歴史や文化、
生産者の想いを少しでもお伝えして、
幸せなひと時を提供したいと思う今日この頃です。

【参考】
山内道雄『離島発    生き残るための 10 の戦略』NHK出版 
2007 年 (海士町の町長である山内道雄氏の著書。
海士町の取り組みについて知りたい方におすす めです。)

文 辻原 真由紀
写真 幸 秀和

2016年02月09日

離島入門

離島入門 第5回「ないものはない」4

「まあまあ、こんな時くらい仕事のことは忘れて。今日はパーっとやろう!」

どこかの小説やテレビドラマで聞いたことがあるこの台詞。
実際、私も会社勤めをしていた時に使っていました。

大勢が集まり賑やかに「パーっと」飲食することを、
海士町では「直会(なおらい)」と呼びます。
もともとは神事終了後に参加者で
御神酒や神饌を共食することを意味する言葉です。

海士町滞在最後の夜、島の生産者さんたちとの直会に参加しました。

私の席の近くにいらっしゃったのは、
海士町の陶芸家・勇木史記(ゆうき ふみのり)さん。
2005 年に海士町に移住して、作陶活動を続けている方です。
その日は、勇木さんの窯を訪れ、やきものを見せていただいてきたところでした。
_IGP7362
隠岐窯でお会いした勇木さんは、穏やかで物静かな方だという印象を受けました。
「このお茶碗、ちょうど数日前に焼きあがったところなんですよ」
窯には、お茶碗やお皿、コーヒーカップなど。
その佇まいとやさしい色味から、土の温もりと安心した静かな気分を感じました。
その後、窯の裏へ案内してくださり、
いつかここに新しい窯を作って自然の中でやきものをつくりたいんだよね、
と楽しそうに話してくださいました。

直会での勇木さんは、最初の物静かな印象と打って変わりとても気さくな様子で、
その場にいらしたUターン・Iターンをして生産を行う方々と、
島に来た理由や島の美味しいものの話をしておられました。

_IGP7367
「みんなは、『最高に良い仕事』ができたって感じるのはどんな時?」

宴もたけなわ、勇木さんが発したひとこと。
今まで私がお酒を飲みながら話したのはいつも趣味や余暇の話。
私ははっとしました。
ふと周りを見ると、海士町の人たちは、
陶芸・食の生産・執筆活動…それぞれの取り組みに ついて熱く語っていました。
私にはそんな経験がありませんでした。
心の奥底では「仕事で こんなことをやってみたいな」という思いはありつつも、
自分の思いを口に出して、共感してもらえなかったらどうしよう、とか、
少し気恥ずかしい思いが今まであったのかもしれません。
でも、海士町に来てみたら、言葉足らずだとしても正直に話してみようかな、
と思える雰囲気がありました。私がしどろもどろになりながら話すことを、
勇木さんはじめ、海士の方々は、うんうん、と頷き、
時に相槌をうちながら真剣に耳を傾けてくださいました。

勇木さんが作ったお茶碗は、海士町のお米とともに離島キッチンでお出ししています。
一杯のごはんが、私に「ちゃんと良い仕事、できてる?」
と語りかけてくれるような気がし ます。

海士町には食をめぐる物語がまだまだ沢山。
これからも少しずつ紹介していきます。

文 辻原 真由紀
写真 幸 秀和