掲示板

2018年03月11日

学生島物語

八丈島 長田商店

こんにちは。
慶應義塾大学1年水戸梨乃です。
お料理と旅が大好き、北海道出身の大学生です。

今回、まだ多くの方が知らない「ある食べ物」の魅力をお伝えしたく、筆を執らせていただきました。

「ある食べ物」とは、八丈島の特産品で、開いたり、液につけたり、干したりしてできる食べ物なのですが...
皆さま、推測できましたでしょうか。

それは、「くさや」※1です。

実は私自身、「くさや」を八丈島のこのプロジェクトがきっかけで知りました。
「くさや」とは、江戸時代以前から続くといわれる伝統的な食品で、トビウオやムロアジを究極に発酵させた干物のことです。

さっそく「くさや」についてもっと詳しく知るべく、八丈島の港のすぐそばに位置するくさやの加工場※2へお邪魔させていただきました。
①長田商店の写真

中から出てこられたのは、素敵な笑顔をお持ちの店長、長田さん。
②長田さんの写真
と、くさやの独特な香り。

そして長田さん、自作のくさやをオーブントースターで焼き、試食させてくださいました。(これがくさやの美味しい食べ方です)
③焼きくさやの写真
お魚の凝縮された旨味が本当に美味しい!!
美味しすぎて図らずもどんどん手が伸びてしまいました。

訪問前に、自分で焼いて食べたくさやとは別格のお味でした。(汗)(笑)

長田さん曰く、焼き方にコツがいるようです。
弱火で、半生に。そして焼きたてを食べること。
(この焼きたてのくさやは離島キッチンにてご賞味できます。是非ご堪能ください。)

―でも、どうしてこんなに美味しいのでしょう?―

鮮度のおかげなのかしら...
長田さん、くさやの鮮度はどこで判断するのでしょう?

トビウオを例に挙げると、お腹の色で判断できます。
トビウオは鮮度が落ちると、勿論目や鱗も赤く染まってきますが、それ以上に早く赤くなってしまう部分がお腹なのです。

以上を踏まえて、ご覧ください。長田さんのトビウオくさや、
④くさやを持っている写真⑤くさやを持っている写真
(左がムロアジ、右がトビウオ)

お腹が真っ白です。

これが鮮度の証。何しろ加工場が港から車で38秒という近距離に位置するので、獲れたてのお魚を加工できるわけです。

そしてもう一つ美味しさの秘密。
⑥長田さんがくるくる棒を回している写真
こちらは「くさや」にこれからなろうとするお魚さんたちがつけられる、くさや液※3です。

このようにぐるぐるかき混ぜると...
⑦発酵菌がぷくぷくの写真
くさや液の発酵菌がぷくぷくしてきます。

なんと、この液に含まれる抗生物質は切り傷などの外傷に効果があるので、この液中に怪我をした手を入れると化膿せずに治ってしまうそう。
また、こちらのくさや液に含まれる細菌数は、ヨーグルトの細菌数に相当するそうです。(宮城学院女子大学大学院の研究より)

このような不思議な力をもつ発酵菌たちも、長田さんのくさやの美味しさを生み出す協力隊の一員だったのですね。

ぐぅ〜。。。(お腹の音)

ブログを綴りながら、私自身も長田さんのくさやをもう1度食べたくなってしまったところで、筆を置くことにいたします。

皆さま、八丈島に訪れた際には長田さんのくさや加工場へ是非お立ち寄り下さい。出来立てほやほやの、プロが焼いたくさやをいただくことができます。

加えて、離島キッチン日本橋店にて長田さんのくさやをご賞味くださいませ!


「くさや」についてもっと詳しく知りたい方は、下記のURLをご参照ください。

※1くさやの作り方 http://kusayaya.com/aaaaa/aaaaaoeasae/
※2長田さんのくさや加工場 http://kusayaya.com/aeaefa/
※3くさや液とは http://kusayaya.com/aaaaa/aaaaeaa/

長田さんについては、http://kusayaya.com/aaaaaaae/aoeacieaca/


文 水戸 梨乃

2018年03月10日

学生島物語

八丈島 八丈フルーツレモン

こんにちは!早稲田大学教育学部の松澤です!
もともとバックパッカーで国内外へ旅行をしていたのですが(インド7週間は武勇伝です 笑)、瀬戸内の島々へ遊びに行ったときに島に惚れました。なんでしょうね、あの島特有の空気…好き…

そんなわけでもちろん八丈島にも実際に行ってきました!

そして今回ご紹介するのはこちら!!
lemon
じゃん!
八丈フルーツレモン!!!

八丈島の特産品のひとつでもある八丈フルーツレモンの特徴は…
Image_049ca51
大きい!!!
Image_5864372
甘い!!!!
(早稲田大学チームの頼れるアニキ、のぎちゃんと共にお送りしました。)

写真に注目!
皮ごとかじってますよね!

そう。八丈フルーツレモンは皮の苦みが少なく、
オレンジと掛け合わせた品種のため、
酸味も穏やかなのです。

大きさはふつうのレモンの約2-3倍。

2014年に公募で「八丈フルーツレモン」の名前がつくまでは、「菊池レモン」と呼ばれていたこのレモン。
菊池雄二さんという方が八丈島で育て始めたのがきっかけで作られるようになったようです。
(実は、八丈島では菊池姓が一番多いんだとか!)
S_7600813327352

そんなレモンを使ったメニュー、もちろん店舗でも出します。
(試作会より)

美味しそう!!お洒落!!!!
こちら、お昼のメニューでお出しする「八丈フルーツレモンのクリームパスタ」です。

また、カフェタイムには「パウンドケーキ」もお出しする予定です!

ぜひレモンの違いを確かめに食べに来て下さいね😊

文 松澤 美奈子

2018年03月07日

学生島物語

八丈島 マルタ水産

こんにちは!初めまして!
早稲田大学3年の大野木 諒です!
これからメンバーとともに八丈島の魅力を伝えられるよう頑張っていきます!
プロフィール写真

私はもともと島根県海士町に関わりがあり、海士町を通して離島キッチンを知りました。

島の魅力を伝える
今だ知らない離島の魅力を発掘する…

今回の六大学プロジェクトにはこのようなおもしろそうな魅力があったので、参加することにしました!!

そして、 私たちが選んだ島は八丈島です!!

「東京都の島でアクセスもいいのに、あんまり八丈島のこと知らないな」
そんな点から興味をもち、先日チームメンバーと共に八丈島に行ってきました!!!
107293

これからのブログでは、私たちが八丈島での視察を通して、実際に見て聞いて感じてきたことなどを伝えていけたらなと思います!


トップバッターの私が今回ご紹介するのは、、、、、、、

くさやのマルタ水産!!!です!!!

お話をしてくださったのは、
マルタ水産の代表であり、八丈島水産加工組合の組合長でもある浅沼さんです。

朝早くからうかがいましたが、温かく迎えてくださいました。

インタビューの様子1

まずお聞きしたのは、くさやについて。

くさやはみなさんご存知でしょうか?

八丈島の名物でとても有名なくさや。さかなの発酵食品です。
もともとは生魚を保存するために加工していたものが、いまでも名物として愛されています。

くさやは島で代々伝わるくさや液にアジや飛び魚を浸け、発酵させ、乾燥させて完成です。
くさやには独特の香りがあります。しかし、ひと口食べると発酵で菌たちが生み出した旨味成分により、噛めば噛むほど魚の旨味が口の中に広がります!

クセのある食材ですが、試してみるべき逸品です!


そんなくさやの魅力について、浅沼さんにお聞きしてきました!

浅沼さんはもともとは別のお仕事をされていましたが、マルタ水産の2代目が体調をくずされたのを機に、3代目として今のマルタ水産を担っています。

マルタ水産のくさやの特徴は、くさやの1番の魅力でもあり欠点でもある香りを抑えてる点とのことです。くさやは特徴的な香りのため、好き嫌いが別れてしまいますが、そこをマイルドな香りにすることで、食べやすいくさやに心がけているそう。

また、くさやの流通にまつわるお話では、昔は生のくさやを売っていたが、今では焼けたくさやの方が人気があるとのことでした。

今では海外(フランスやアジアなど)でも売り出しているそうです!
とてもグローバルですね!

インタビューの様子2

さて、くさやの魅力だけでなく、八丈島の文化についてもお聞きしました

「八丈島ってカメを食べるって聞いたんですけど、、、」

と、そんな質問を投げると

「たしかにあるね~
 けど、今じゃそんなに食べないよ 漁もしていないし」

とのことでした。

「ほんとは離島キッチンでカメ肉でもできたらなー
 なにかカメ要素を推したいな~」

と思っていた、私たち。

少し残念ムードを出していると、

「そういや、カメの剥製ならあるよ」

「あ、剥製とかもあるんですね。
 それがお店に置けたらそれだけでも魅力増しますね~」

「なら、持ってく?」

と言ってくださる浅沼さん

「えええ!?いいんですか!?」

「いいよ、ずいぶんと押し入れの中にあるものだし、あげる」

な、な、なんと、八丈島の方の親切心おそるまじ。

島に到着してから数時間、
開始一軒目でまさかのカメの剥製ゲットしました!!!
カメの写真

せっかくいただいたので、店に飾らせていただきます!
みなさんも、珍しいカメの剥製を見に、ぜひご来店ください!!

最後にお客様に向けてメッセージをいただきました。

「とりあえず食べてみてほしい。
 食べてはじめてこういう食べ物だってわかるから。」

一度食べればくさやのおいしさはわかるかと思います!

みなさんもぜひ試してみてください!

マルタ水産では、くさやの魅力や島の魅力をたくさん教えていただき、さらにカメの剥製までいただきました!

そんなとても優しい浅沼さんと最後にパシャり
集合写真

浅沼さんのくさやは日本橋店でメニューになる予定なので、みなさん、浅沼さんのくさやを食べにぜひ離島キッチン日本橋店にお越しください!!!

つづく(笑)

文 大野木 諒

2018年03月06日

学生島物語

八丈島 グルメ情報

こんにちは。早稲田大学3年の西野です。

私がこのプロジェクトに参加したきっかけは、もともと自転車旅で日本全国いろんな地方を見てきて日本っていっぱい良い所あるんだなぁ、もっと知りたいし広めたいなぁ、なんてことを考えていたからです。
早稲田大学には農学部がないけれど、農業に携わる授業がありまして、その授業内でプロジェクトに誘われて参加しました。


さて、私からは八丈島のグルメ情報をお届けします。

食材の由来や、試作会の時の様子を交えて八丈島の食材はどのように食べられているのかをお話したいと思います。


まずは明日葉。

明日葉の名前は「今日収穫しても明日にはもう芽吹いている」という、明日葉の生命力に由来しています。
お味はというと、ほんのり苦みが感じられて三つ葉に近いです。明日葉は天ぷら、おひたし、和え物など使い道は様々。

S__45834250

(明日葉の白和え)


つづいて、くさや。

くさや作りの起源は江戸時代までさかのぼると言われています。

当時は塩が年貢として納められており、島民たちは自分たちの分の塩を確保するのに苦労していました。そこで塩水を節約するために繰り返し使ううちに塩水に魚のたんぱく質が溶け出し、独特のにおいを放つくさや汁が誕生しました。
このくさや汁は保存にとても適していたため、以来八丈島ではくさや作りが行われるようになりました。

くさやというとどうしてもにおいで敬遠される方が多いですが、食べてしまえば意外と気にならないものです。

試作会では明日葉とくさやのマヨネーズ和えを作りましたが、こうすることでにおいも軽減されますし、つまみにもぴったり。ぜひご賞味いただきたい一品です。
S__45834249
(明日葉とくさやのマヨネーズ和え。島唐辛子がアクセントに)


最後に島寿司をご紹介します。

以前ご紹介しました通り、島寿司は醤油に漬けた寿司種を砂糖で甘みを強くした酢飯にのせて、ワサビではなくからしで頂く点で普通のお寿司とは異なっています。

南国・八丈島でお寿司を食べる際に食材が悪くならないように、醤油漬けにしているそうです。シャリを甘くするのも同様の理由だそうです。また昔は島でわさびが手に入らなかったため、からしで食べられるようになったそうです。

離島キッチンでは現地の方直伝のレシピで作る島寿司をお届けします。

私たちも実際に作ってみましたが、甘めのお寿司にからしがツンとして意外にもよく合うんです。

S__45834251
(自分たちで作った島寿司。)


以上、長くなってしまいましたが八丈島のグルメ情報をお届けしました。

この記事が皆さんの『ベストアンサー』探しの一助となれたら幸いです。

文 西野みづき

2018年03月05日

学生島物語

八丈島の魅力 温泉

はじめまして!
日本橋店1ヶ月目の八丈島のフェア企画を担当している、早稲田大学3年の山田です。
よろしくお願いします!

私がこのプロジェクトに参加したきっかけは、ずばり離島が大好きだから!!!
離島愛が止まらないから!!!です。笑

私は特に八重山諸島が大好きで、しょっちゅう行っています。

pic1


今回、私たちのチームは八丈島フェアを企画・担当するということで、他のメンバーは八丈島に渡航したのですが、その同じ時期に私は1人石垣島へ渡り、キビ刈りをしたり、船底のペンキ塗りをしたり、島人に勘違いされるくらい馴染んできました。(みんなごめんね)

というわけで!!!

私からは、八丈島の温泉事情についてお話ししたいと思います。

ご存知の方も多いとは思いますが、八丈島には活火山があり、良い温泉がたくさん湧いています。
温泉のある、つまり火山生成された離島には行ったことがなく、あまり想像ができないのですが、海も山も温泉もあって、とっても魅力的で、見所もたくさんある島だなと、調べていて思いました。

八丈島には全部で7箇所の温泉があり、坂上の三地区にあります。

樫立には「ふれあいの湯」、中之郷には「やすらぎの湯」「スパ ザ・BOON」「裏見ヶ滝温泉」「足湯きらめき」、末吉には「みはらしの湯」「洞輪沢温泉」があります。

pic2

この7つの温泉のうち、「裏見ヶ滝温泉」「足湯きらめき」「洞輪沢温泉」以外は有料となっています。

ですが、温泉巡りも好きな私にとっては「温泉全部入りたい!!」となるわけです。
他にもそういう方いらっしゃると思いますが、安心してください。

なんと1日600円で全てを利用することができる「温泉一日周遊券(入場券)」があり、各温泉施設と町役場で販売されているようです。

なんとありがたいチケット!これで温泉巡りもバッチリですね。

ちなみに……
「裏見ヶ滝温泉」は混浴のため水着が必要となります。冬でも水着を持っていくと安心ですね!

私も八丈島に行ったことがないので、早く行きたいなとこれを書きながらウズウズしています。笑


次回からも他のメンバーが八丈島について熱く熱く、いろんな角度から語ってくれると思うので、私も楽しみです。

いずれは渡航体験記なるものも投稿されるので、「島に行きたい」という思いを少しでも持っていただけると、この企画メンバーとしても、ただの離島好きとしても、嬉しい限りです。

長くなってしまいましたが、このへんで。次回もお楽しみに~!

文 山田 瑞季

2018年03月04日

学生島物語

【日本橋店スタッフ紹介 その1】新島出身のアルバイト「梅ちゃん」に聞いてみた!離島キッチンで働いて思うこと

S__67059714 

現在、離島キッチンの新店舗「日本橋店」ではオープンと同時にお店を盛り上げてくれる学生のアルバイトを募集中です!!
〝島好き〟はもちろん〝詳しくないけど興味ある!〟という方も大歓迎!

今回は、神楽坂店でアルバイトをしていて、これから日本橋店に移る学生アルバイト2人に採用担当の森寺がインタビューを行いました。
第一弾は、新島出身の「梅ちゃん」が離島キッチンについて語ります!

【今回の学生アルバイト】
 梅田 天斗 (うめだ たかと)
 ・東京都新島生まれ
S__67059720

森寺:『梅ちゃんって、そもそも何がきっかけで離島キッチンのアルバイトを始めたの?』

梅ちゃん:『2016年のアイランダーという全国の島々が集まるイベントで佐藤さん(離島キッチンの代表)に出会ったのがきっかけです。その時僕は伊豆諸島のキッチンカーでお手伝いをしていたのですが、たまたますぐ横に離島キッチンのキッチンカーがあったんです。そこで初めて佐藤さんと話しました。僕の他にも後2人大学生がいたのですが、みんなスカウトされました。笑 新島出身だからこそできることがあるのでは、と思い離島キッチンで頑張ろうと思いました。』

森寺:『なるほど、佐藤さんの吸引力すごい!笑 実際に離島キッチンで働いていて感じる仕事のやりがいとかある?』

梅ちゃん:『お客さんに直接、島を紹介できることです。特に伊豆諸島好きな人に、おすすめのスポットとかを伝えられたときにはやりがいを感じます。』

森寺:『特に印象に残っているエピソードは?』

梅ちゃん:『2017年10月に「新島フェア」を神楽坂店で実施した時のことが一番印象に残っています。新島からも内地からもたくさん知人・親戚が足を運んでくれました。離島キッチンに入ってずっとやりたかったフェアだったので、実現できて本当に嬉しかったです。新島の人たちもすごく喜んでくれたんです。特に、特徴的なにおいの「くさや」や、まだあまり流通していない魚「タカベ」がメニューに出ていたことに感激していました。お客さんの声も生産者の声も直接聞けるのは離島キッチンならではだなと思っています。』

S__67059725

森寺:『新島出身だもんね!大変だと思うこともある?』

梅ちゃん:『最初のうちは、それぞれの食材の産地などの知識を覚えるのが大変でしたね。何度も何度も地図を見たりして覚えました。反復学習です。笑 でも、しばらく働いていると、いつの間にかそれぞれの島に詳しくなっていて、今では知らない情報が入ってきても知っていることと関連づけられるので、自然と定着していくようになりました。自分が詳しくなればなるほどお客さんのリアクションがたくさんもらえるようになって、嬉しかったですね。質問してもらえたりするのも嬉しいです。』

森寺:『おお、素晴らしい! では最後に、アルバイト検討している方に一言!』

梅ちゃん:『島好きな人は迷いなく来てください!でも、まだ島を好きになっていない人もきてくれたら嬉しいです。島の暮らしを知るだけでも、世界の見方が変わると思うんです。「こういう生き方もあるんだ」「何もなくてもいいんだ」ということを感じることができると思います。』


梅ちゃん、ありがとうございました!!

次回は、島出身ではないけど島好きな学生アルバイト「深井ちゃん」にインタビューをします!
S__67059727


【日本橋店のアルバイト募集について】
日本橋店では、アルバイトのオープニングスタッフを募集中です!
少しでも興味を持っていただけた方は以下のページから募集要項を確認の上、お気軽にご応募ください。
まずは話だけでも聞いてみたいという方も大歓迎です。

ご応募はこちらから↓↓↓
https://trunk.fm/interns/50

写真 文
森寺 彩乃
澤村 直道

2018年03月01日

献立紹介

【瀬戸内香る牡蠣の焼きもの】広島県・江田島


江田島の乾燥みかんを使った下味で、牡蠣をじっくりと漬けこんだものです。
ふわりと香る爽やかな柑橘と牡蠣の旨味が広がります。
瀬戸内の恵みがぎゅっとつまった一品です。

文 内野 元葉
写真 幸 秀和

2018年03月01日

献立紹介

【島のトマトとふんわり卵の炒めもの】広島県・江田島


江田島で採れるこのトマトは、ミディトマトという中玉の品種で、ジューシーで肉厚な果肉が特徴です。
島で獲れる牡蠣の殻から抽出された、高濃度カルシウムイオンを散布して大切に育てられています。
ほどよい酸味がありますが、加熱をすることで甘みが増します。
今回はシンプルな味付けで炒めものにしました。

文 内野 元葉 
写真 幸 秀和

2018年03月01日

献立紹介

【鶏と野菜の鉄板焼き】広島県・江田島


島で大切に育てられた江田島の一黒シャモ。
地元で獲れたいりこや牡蠣殻を餌にしてのびのびと育てられました。
舌触りはしっとりとしていて肉質はギュッと締まっています。
一黒シャモのジューシーな味を野菜とともにお楽しみください。

文 内野 元葉 
写真 幸 秀和

2018年03月01日

献立紹介

【島のいりこのご飯セット】広島県・江田島


西日本では「煮干し」のことを「いりこ」と呼びます。
今回は、このいりこを2種類の食べ方でご用意いたしました。
1つは島のお母さん達が手間ひまかけて作ったいりこ味噌。
もう1つは島のお母さん直伝のいりこの佃煮。
どちらも食べ応えがありつつ、程よい甘みが食欲をそそります。
温かいご飯とともに江田島のいりこをお楽しみください。

文 内野 元葉 
写真 幸 秀和