掲示板

2016年09月15日

献立紹介

【ふなやき】奄美大島・鹿児島県

_igp2017
黒糖を使った伝統的なお菓子で、アンマ(母)の味と言われています。
様々なお菓子が手作りで作られており、「じょうひ餅」「ナリカン」といった餅があります。ふわふわとした食感に黒糖の優しい甘さが広がります。

写真 文
幸 秀和

2016年09月15日

物販紹介

【がじゃ豆】鹿児島県・奄美大島

_igp2168
三百年を超える歴史を持つ奄美特産黒糖を独特の技術で落花生に加味した自然食品。
黒糖と落花生の独特の風味がお茶の友として好評で、
奄美群島を始めお土産としても人気です。

写真 文
幸 秀和

2016年09月15日

物販紹介

【すももジャム、たんかんジャム】 鹿児島県・奄美大島

_igp2173
春になると桜や梅に似た白い花を咲かせ、収穫期は夏の訪れを感じる果物です。
すっぱいもも(酸っぱい桃)から「スモモ」と名付けられました。

たんかんはミカン科の常緑樹で「ポンカン」と「オレンジ」の自然交配種。
酸味が少なく甘味に富むのが特徴です。奄美大島では、鶏飯の風味付けなどに
使われています。

コトコトと長時間煮詰めて、丁寧に手作りされた南の島の恵みです。
クラッカーやヨーグルトなどにお使いください。

写真 文
幸 秀和

2016年09月15日

物販紹介

【ましゅの塩】鹿児島県・奄美大島

_igp2178
奄美の海水から精製されたこだわりの塩。奄美地方の方言で塩は『ましゅ』と呼ばれています。素材を引き立てるまろやかな味わいのお塩です。
天ぷらやおにぎりなど、塩の旨みを感じるお料理にどうぞ。

写真 文
幸 秀和

2016年09月15日

物販紹介

【グァバ茶、月桃茶】鹿児島県・加計呂麻島

_igp2157
奄美では、グァバの事をばんしろうと呼ぶのが一般的です。
ほのかな甘さと、果皮の持つ渋み・苦味があわさった、さわやかな味わいです。
ビタミンCが豊富に含まれており、 風邪予防、美肌効果などがあると 言われてます。

月桃は、ショウガ科・ハナミョウガ属に分類される多年草です。
日本では九州南部~沖縄にかけて自生しています。
甘く爽やかな香りは、ストレスを和らげる効果もあると言われており、
お茶だけではなく、アロマオイルなどにも使われています。

写真 文
幸 秀和

2016年09月15日

物販紹介

【粗糖】鹿児島県・喜界島

_igp2162
粗糖とは精製される前の砂糖で色は茶色、 まだ蜜が残った状態のものです。 サトウキビ、粗糖、精製糖(上白糖など) へと順に加工されていきます。収穫されたサトウキビは、畑の近くにある製糖工場へ運ばれ、サトウキビの搾り汁を煮詰め、不純物を除き、遠心分離機で蜜分を分けて結晶状態(原料糖・粗糖)にします。

写真 文
幸 秀和

2016年08月31日

お知らせ

臨時営業時間のお知らせ

9月1日(木)18:00〜22:00(L.O.21:00)
棚卸し作業のため、ディナータイムからの営業となります。
 
9月12日(月)18:00〜22:00(L.O.21:00)
ディナータイムから営業となります。

9月19日(祝)11:30〜14:00
        18:00〜22:00(L.O.21:00)
祝日のため営業となります。

9月20日(火)振替休業日

ご来店を予定されていた皆様には
ご迷惑をおかけいたしますが、
宜しくお願い致します。

2016年08月24日

離島入門

離島入門 第7回「拘り」

「こだわり」とひらがなで書けば馴染み深い言葉ですね。
漢字でこう書くんだ、と知ったのは大学を卒業してからでした。

「ねえ辻原さん、挨拶でも、勉強でも、何か一つでいい。
自分でこれは大切だと思うことを拘って続けて表現しなさい。
必ず、続けてよかった、と思う日が来るから。」

これは、私が社会人となった初めての日に当時の上司からもらった言葉です。

当時は今とは別の銀行の仕事をしていて、新たなことを覚えるので精一杯。
「拘り」 と聞くと、気難しい顔の芸術家が語っているイメージで、
あまりピンときませんでした。
どこかの会社の社長さんが、「仕事の前に掃除をするとやる気スイッチが入る」 と言っていた記憶があって、私は毎朝職場の掃除をすることにしました。
すると、 「お客さま目線だと椅子についた埃が目立つな」とか、「ここにこれが置いてあると仕事がしづらいな」などと、仕事のヒントがあちこちにあり、この視点は掃除を通してでなければ得られなかったのでは、と思います。

今の私にとっての拘りの一つ、それは、ビールグラスです。
「とりあえず生で!」と いう一言が表すように、ビールはお客さまにお食事の最初にお出しする機会の多い存在。
ビールは、時間が経つと大麦由来の酵素と脂質が反応して臭いが出てしまいます。なので、お店ではどんなに忙しくてもビールグラスは必ず丁寧に泡をつけて手作業で洗います。

とある金曜日、スーツのネクタイを少し緩めつつ解放された表情の男性が 3 名。
私が運んだビールを見て、

「おっ、ここはいい店だね。」と言いました。どういうことですか?と聞いてみる と、

「ビールはね、グラスを綺麗に洗ってないと泡が綺麗に出ないのよ。このビールはきめ細かい美味しそうな泡が出来てるでしょ。これはグラスを丁寧に洗ってる証拠なんだ。だから、ここはいい店だ〜はい乾杯!!」

私への説明もそこそこに既に心はビールに夢中のお客さまでしたが、何とも嬉しい気持ちになりました。

ちなみに、前職の銀行で2年間掃除を続けているうち、職場のお掃除のおばちゃんと仲良くなりました。始めは勤務時間前に掃除をしながら世間話をする程度でしたが、
ある日、私が働く時間帯にお客さまとして自分を指名して預金をしに来てくれたのでした。自分の中での拘りが他の人に届いた時、新たな世界が広がるものと思っています。

綺麗に洗ったビールグラスの向こうに、どんな世界が見えるのか楽しみです。

文 辻原 真由紀
写真 幸 秀和

2016年08月23日

行商日記

行商日記 第23回

出雲から国道9号線をひたすら走り、ぼくは離島キッチン号と京都で一泊することに。

ホテルに泊まろうかどうか迷った挙句、ぼくは離島キッチン号と共に初夜を過ごしたいという気持ちになり、京都をあてどなく走っているうちに着いた場所が「鞍馬山」。

話は変わりますが、ぼくは大学生の頃に47都道府県を野宿で旅したことがあり、
基本的には屋根があればハッピーという経験をしてきました。

その頃のことを思うと、離島キッチン号には屋根と冷蔵庫と冷凍庫が完備。
さらには水道やシンク、カセットコンロなどもあるので言うことなしでした。

深夜0時。
街灯ひとつない真っ暗な鞍馬山の山道わき。

あたりは木々がうっすらと見える程度で、車のヘッドライトを消すと完全な闇に包まれます。そして、言わずもがなですが、鞍馬山は牛若丸が武術や兵法を学んだとされる天狗の総本山。
_SDI2046
心霊現象や霊感などは全然信じていないのですが、鞍馬山の闇を目の当たりにした瞬間、ぼくの全身が一気に総毛立ち、「あ、これは天狗がいるな」と無条件に納得しました。

ただ、怖さや不安などの負の感情は一切芽生えず、むしろ、何か温かいものに包まれているような、柔らかな安心感が心に広がったのを覚えています。

深い森が広がる山道の脇に車を止め、ぼくは車内のキッチン通路に寝袋を広げました。そして、寝袋に身体を横たえ、車内の天井を見ていました。

すると、車の天井に「何か」が触れる音がします。

その音は、木の枝や葉が触れる音とは明らかに異なり、
例えるならば竹箒で車の天井をリズミカルに掃き清めているような音でした。

疑問を口にするまでもなく、おそらくは天狗が離島キッチン号に降り立ったのだと
その時は何の不自然さも感じずに、素直にその考えを受け入れることができました。

誰かにこの話を伝えたところで、変に思われるだけだろうからずっと言いませんでしたが、あれから7年経った今もなお、あの「何か」の音はリアルに思い出すことができます。

「結局、あの音は何だったんだろう?」

考えても答えは出ませんが、離島キッチン号との初夜を彩ってくれた不思議な音でした。

文 佐藤 喬
写真 幸 秀和

2016年08月16日

行商日記

行商日記 第22回

移動販売車を購入し、「離島キッチン」という屋号で行商販売をすること。
販売する商品は、海士町のものをはじめ全国の島の商材を取り扱うこと。

今回ぼくが海士町でプレゼンをするのは上記のような内容でした。

島の方からは「海士キッチン」や「隠岐キッチン」の方が良いのではというご提案をいただきましたが、将来的に全国の島同士で連携を図っていきたいという意向をお伝えし、また、上司の青山さんからも心強いバックアップがあったおかげで、プレゼンは想像以上にスムーズに進み、結果として事業のゴーサインを出していただきました。

ふう。

と、束の間の休息をはさんだ後、ぼくは頭に思い浮かぶ課題をまずは書き出します。

「どのような移動販売車を作るのか?」
「どこで営業をするのか?」
「保健所の許可をどうするのか?」

さらには。

「販売する商品は何にするのか?」
「商品の保管場所はどこにすればよいのか?」
「月の売上をいくらに設定するのか?」

大きな課題から小さな課題まで含めると、移動販売車を作成して
営業を開始するまでに全部で108もの課題がありました。

人間の煩悩の数と一緒の数字が出てきたことに、ぼくは意味なく満足し、
除夜の鐘のように、一つ一つ丁寧に課題を処理すれば何とかなるなと安心しました。

そして、3ヶ月後の9月27日。
ぼくは島根県出雲市のブルービーグルというお店で納車を待っていました。

完成した離島キッチン号は、ベージュを主体にしたシンプルなデザイン。
クロネコヤマトの宅配に用いられていたトヨタのクイックデリバリーという車を改造して、移動販売車に仕上げていただきました。
離島キッチン_移動販売車

よろしく頼むぜ、とぼくは心の中でつぶやき、そっと離島キッチンの車体に手を触れました。そして、出雲から東京へ向けて、ぼくは離島キッチン号を運転しはじめました。

写真 文 佐藤 喬