掲示板

2017年12月05日

献立紹介

【寒ブリしゃぶしゃぶ】新潟県・佐渡島

_MG_9993
北の海でたくましく成長したブリは、日本海の荒波にもまれながら秋に南下を始めます。そして、脂ののった一番美味しい時期に佐渡島へとやってきます。
旨味の詰まった身をそのまましゃぶしゃぶでどうぞ。
熱燗と共に味わえば、体の芯から温まります。

写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【いか徳利(熱燗セット)】新潟県・佐渡島

_MG_9850 _MG_9922
熱燗を注いでニ〜三分。いつもの日本酒が、いかの風味とコクが染み込んだ特別酒に変わります。徳利が柔らかくなったら、徳利自体を火で炙り、
日本酒のしみ込んだ上質のスルメとしてもお召し上がりいただけます。

写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【イカながも丼】新潟県・佐渡島

_MG_0101
ねばねばのイカながも丼は、佐渡特産の海藻である“ながも”を刻み、イカと和えます。
今回はめんつゆで、ながもの味を活かしました。佐渡島名物の丼料理です。

写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【いごねり・岩もずく】新潟県・佐渡島

_MG_0097
佐渡の海藻を使った郷土料理といえば、この二品。
いごねりは細くカットし麺のようにツルッと、岩もずくは三杯酢で味付けしました。
ヘルシーで美味しい佐渡のソウルフードをさっぱりとお楽しみください。

写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【へんじんもっこ田舎風パテと野菜のグリル】新潟県・佐渡島

_MG_0167「へんじんもっこ」とは、佐渡島の言葉で頑固者という意味です。
ドイツで行われる国際大会で、三年連続金賞を受賞される腕前を持つ職人の方が作られています。レバーの薫り高さとこってりした味はどんな酒の肴にも。

写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【おけさ柿シャーベット】新潟県・佐渡島

_MG_0042
代表産地である佐渡の民謡「佐渡おけさ」から名付けられた
「おけさ柿」をそのままシャーベットにしました。
種が無いため食べやすく、口の中でとろけるような食味、まろやかな甘さが特徴です。

写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【スーパーコシヒカリの土鍋ご飯】新潟県・佐渡島

_MG_0067
お米コンテストで多数の受賞歴をもっている佐渡の稲職人がこだわり抜いた超最高級米です。全量1等米、 美味しさの基準タンパク質は6.0% 前後の高品質。
土鍋の炊きたてでご提供いたします。

写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【トビウオのすり身入りあずま揚げ】新潟県・佐渡島

_MG_0171
佐渡島では「さつま揚げ」のことを「あずま揚げ」と呼びます。
高タンパク・低脂肪で知られるトビウオを、練り上げてじっくりと揚げました。
佐渡島の日本酒にピッタリな逸品です。

写真 幸 秀和

2017年11月05日

献立紹介

【セミトビの姿揚げ】鹿児島県・屋久島

_MG_9434
セミトビウオのことを島ではセミトビと呼びます。
姿揚げにしたセミトビは頭から羽、尻尾まですべて食べられます。見た目のインパクトは大!素材そのものの美味しさをお楽しみください。

文 大澤 萌
写真 幸 秀和

2017年11月01日

献立紹介

【鹿肉の猟師風味噌煮込み】鹿児島県・屋久島


屋久島の大自然に生きるヤクシカの肉は、いつでも食べられるわけではない貴重なものです。猟師さんと奥さんに教わった生姜入りのレシピに季節のお野菜をたっぷりと入れました。寒くなってきたこの季節にぴったりです。

文 大澤 萌
写真 幸 秀和