掲示板

2017年05月01日

献立紹介

【トビウオのフライ】東京都・青ヶ島

_IGP4416
トビウオ漁は限られた期間(三月末から五月初め)で行われるため、
春トビは島民にとって大切な季節の贈り物です。
島のおすすめの食べ方であるフライは、上品で柔らかなトビウオの食感をお楽しみいただけます。

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

2017年05月01日

献立紹介

【ひんぎゃの塩キャラメルアイス】東京都・青ヶ島

_IGP4420
ひんぎゃの塩をたっぷり使ったアイスは離島キッチンオリジナル。 
甘味の中に残る塩気がたまらない逸品です。 
さっぱりとした〆に、食後のデザートはいかがでしょうか

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

2017年05月01日

献立紹介

【ひんぎゃの塩麹漬け豆腐】東京都・青ヶ島

_IGP4415
青ヶ島村製塩事業所、ひんぎゃの塩を使った塩麹でお豆腐を漬けました。青ヶ島近海の海水を青ヶ島の火山噴気孔から吹き出す蒸気熱でじっくり温め、 結晶化させた無添加の自然塩です。生産量が少ないため、幻の焼酎と呼ばれる青酎と一緒にどうぞ。

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

2017年05月01日

献立紹介

【とびくん茶漬け】東京都・青ヶ島

_IGP4430
たった一隻のとび船で水揚げした貴重な春のトビウオを一尾一尾丁寧にさばき、 
池ノ沢の伐採木や倒木を薪にして燻した一品は青ヶ島整備工場(good one)社長お手製のもの。 あおがしまふぁーむさんお手製の鬼辛もお好みで。

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

2017年05月01日

献立紹介

【男爵イモの酢の物】東京都・青ヶ島

_IGP4408
火山の大地であおがしまふぁーむさんが丁寧に育てた男爵イモ。
じゃがいも本来の甘味と食感をお楽しみいただけるように、さっぱりとした酢の物に仕上げました。青ヶ島で採れた新じゃがをお楽しみください。

文 小林 理恵子
写真 幸 秀和

2017年04月01日

献立紹介

【ひきとおし鍋】長崎県・壱岐島

_IGP4374
「お客様をひきとおす、迎え入れる」という意味を持つおもてなしのための郷土料理。
地鶏とゴボウで出汁をとり、甘めの味付けにしたスープの中に、鶏肉・野菜・壱州豆腐・そうめんなどたっぷりの具材を入れています。具材は、家庭によっても様々。
地元の方御用達のお食事処「太郎」さんに教えていただいたレシピを参考にご提供いたします。

文 銭上 愛子
写真 幸 秀和

2017年04月01日

献立紹介

【壱岐牛カレー】長崎県・壱岐島

_IGP4361
「壱岐生まれ、壱岐育ち」が壱岐牛の条件。年間五千頭以上の子牛が生まれており、
神戸牛や松坂牛などの全国銘柄の元牛として島外出荷される牛が大半を占めています。
そんな島内一貫生産のパイオニアでもある「うめしま」さんの壱岐牛をじっくり煮込んだビーフカレーです。豊かな自然環境でストレスフリーに、潮風をたっぷり受けたミネラル豊富な牧草を食べて健康に育った牛は、肉質がやわらかく、ジューシーです。

文 銭上 愛子
写真 幸 秀和

2017年04月01日

献立紹介

【およごし】長崎県・壱岐島

_IGP4334
一般的に言う「白和え」のようなもの。
手で混ぜて調理するため(手をよごすことから)“およごし”といわれています。
壱岐では、壱州豆腐をベースに、イカ・ワカメなどの海産物、そのほか人参・白菜・こんにゃくなど沢山の具材を入れます。地元のレシピそのままに、壱岐の家庭の味をお楽しみください。

文 銭上 愛子
写真 幸 秀和

2017年04月01日

献立紹介

【壱州豆腐の厚揚げ】長崎県・壱岐島

_IGP4390
壱岐のお豆腐(“壱州豆腐”と呼ばれる)は、十センチ四方で一丁が一キロもあります。
見た目にもインパクトがありますが、一般的なお豆腐に比べ、固めな食感も特徴です。
今回は島の方おすすめの食べ方「厚揚げ」で。
しっかりとした大豆の風味と日本酒がよく合います。

文 銭上 愛子
写真 幸 秀和

2017年04月01日

献立紹介

【壱岐のアスパラ鉄板焼き】長崎県・壱岐島

_IGP4362
壱岐のアスパラは二〜八月に旬を迎え、中でも春から初夏に収穫されるものが美味しいといわれています。「このみ農園」さんのアスパラは、壱岐牛の肥料に酵素を入れて発酵させる酵素堆肥により育てているため、えぐみのない甘いアスパラになっています。

文 銭上 愛子
写真 幸 秀和