掲示板

2017年07月14日

移住入門

移住入門 第14回

DSC_0004
小豆島へ来てからは、何かと規則正しい生活が送れています。

私は農業関係のお仕事に就いています。
そのため、基本的には太陽が昇っている明るいうちは仕事があるのですが、
そうではなくなるともう家についています。
出社する時間は皆さんよりもちょっと早いのですが、終業は午後4時とか5時なのです。
その影響で朝が早いので夜は早めに寝て、早寝早起きの実践者となりました。
ちなみに、学生時代は毎日のように日が変わってから寝る生活も一転、
小豆島へ来てからは、起きていて日が変わるようなこと一度ありません。

そんな規則正しい小豆島での生活ですが、私の中で大切にしている時間があります。
それは、仕事が終わってからの時間です。

島の人は会社のスポーツクラブで活動したり、習い事であったり、
サイクリングしたり、夜景を撮りに行ったり。そんな過ごし方があるそうです。
特に会社のスポーツクラブに関しては盛んなようで、
島の企業同士で頻繁に試合を行なっているみたいです。

そして私自身もいろんな過ごし方をしています。

例えば、温泉。
小豆島には温泉がいくつかあります。
屋外での仕事が終わって汗がだくだくの中、職場から直行で温泉へ行き、
明るいうちから湯船に浸かれるのは至上のひとときです。
よく行く温泉には露天風呂が設置されており、目の前には瀬戸内海の絶景、
まるで水墨画のような景色が広がります。

他には、ボルダリング。
今年に入って誕生したボルダリングの施設は、体を動かすのに最適な場所です。
夜の10時まで空いているので仕事終わりでも十分に遊ぶことができます。
小豆島には自然の岩でボルダリングが出来る場所があるそうで、
そこへ行くことを目指して屋内で日々特訓中です。

極め付けはBBQ。
これは島の常識なのかそれともたまたま誘ってくれる人がBBQ好きなのかはわかりませんが、こっちにきて4度も経験しています。
徒歩圏内に海があり、砂浜でBBQしながら夕暮れの海を眺めるのも良い時間です。
島へ来る前に思い描いていた島暮らしと重なる部分があり、
とても満足している島暮らしです。
今度は釣りに挑戦したいなと思う、今日この頃。

いい島です、小豆島。

つづく。