掲示板

2017年10月12日

移住入門

移住入門 第22回

朝晩が冷え込むようになり、夏の姿はもうほとんど見当たりません。
海の青さも深みを増していきますが、目の前を横断する多くの船は
いつもと変わらぬ景色です。
DSC_0017 

しばらく更新ができず、久々の移住入門です。
前回の更新から8月そして9月を終え、もうすっかり秋模様の小豆島ではさまざまなところで季節の変化を実感できます。

写真は山々に囲まれている中山地区の棚田。
黄金色に輝いている稲穂は、収穫の時期を迎えました。 海が見えない中山地区、眼下に広がる棚田は想像以上のスケールがあるのですが、ここが島であることを忘れるほどのものです。

この中山地区の棚田、小豆島の豊富の水資源によって稲作が支えられています。
お米の生育にもっと大切な水は、銘水百選でもある湯船の水。
その水量は1日600トンにも及ぶそうです。

また棚田の近くには精米所を改装した、棚田のお米を使った大人気のご飯屋さんがあります。週末になると近くの駐車場は県外ナンバーの車がずらりと並び、お店の前はいつも大勢の行列。
魚沼産のこしひかりにも匹敵する棚田のお米を使った食事。目の前には、棚田百選にも選ばれるほど美しい景観を有する中山の棚田。
この最高の組み合わせは、訪れた人の心を鷲掴みするそうです。
いつもいつも、行列を見て断念する私ですが、新米の今の季節、次行った時にはぜひ食べて見て満喫したいです。

次から次へと訪れる、秋の小豆島。
小豆島が最も映える季節は秋なんだろうか。そんな風に思えてしまう、秋の魅力をこの身で実感せずにはいられません。 色づき始めている山々と共に、この季節を駆け抜けていきます。


つづく