掲示板

2017年08月19日

移住入門

移住入門 第19回

お盆休みで初めての帰省をしました。
3月の末に移住した私は、地元の東京、神奈川に帰るのは4か月ぶり。
一人暮らしも社会人として働くことも、何もかもが始めてだった私は、
馴れないないことが多くありながらも少しずつ島での生活に順応してきたと
自負していたつもりではありますが、
ひっきりなしに来る電車やネオン街を見るとなんだか心が落ち着きます。

DSC_0007

帰省中は、神楽坂の離島キッチンを訪ねたり、地元の友人と会ったり、
家族とゆっくり過ごしたりとしましたが、
総じて言われたのが「黒くなったね」という言葉。
仕事柄というのもありますが、自然との距離が近い小豆島は、
私に限らず島に住んでいると、屋外にいる時間は都心部にいる人よりもきっと多いはず。お陰様で健康的な生活を送ることが出来ているような気がします。

また、「よく小豆島のことをテレビで見たよ」とも。
全国的なニュースになったエンジェルロードの看板に関してもそうですが、
小豆島の観光や産業などを取り上げる番組を見る機会がよくあったそうです。
(私自身が移住したことで気にかけて意識的に見てくれているのか、
放映自体が多くなっているのかは定かではありませんが)
私自身も帰省中に某番組の島特集の一環で小豆島観光に関する放送を見ました。
こういうテレビを通じて見る小豆島は住んでいる身ではあるのですが、
自然と産業の風景がうまく溶け合った素敵な島だなと改めて感じます。

外からみる小豆島、内から見る小豆島も、二つの視点を持ちながら、
これからも小豆島で頑張っていきたいなと思います。

都会の空気に名残惜しさを感じながら、小豆島へ戻ってきました。

つづく。