掲示板

2017年08月11日

移住入門

移住入門 第18回

北の岡山は「晴れの国」と称され、南の香川は水不足が問題になるなど降水量が少ない、その中間に位置する小豆島も同じ瀬戸内海式気候。
基本的に雨が少ないというのは嬉しいことなのですが、ずっと続くとなると
農作物等に影響が出るので困ってしまいます。
適度に降ってくれたらいいのになあと思うのですが、今回やってきた雨は
強力な勢力を持つ台風5号です。
DSC_0008

小豆島に来て初めての台風を経験しました。
山も海も近いこの場所は、波が高く上がり背後にそびえる山の様子に気を配りつつ、
若干の緊張をもって迎える台風です。
小豆島に台風が最接近したのは月曜日の昼頃ではありますが、
その影響は前夜からありました。
帰省客を含め大勢のお客さんで盛り上がる予定だった、町のお祭りも中止となり、
島の湾内には、台風から避難するため航海中の多くの船達が集まっていました。

迎えた月曜日は前日からアナウンスがあったように、小豆島を発着する
すべての船便が運休となり、それに伴って多くの施設や飲食店が休業となりました。
私自身もその日は仕事が休みとなって1日中部屋で過ごしては、
台風が過ぎ去るのを待つばかりでした。

台風自体は、いつもの雨より一段と強いものの、災害に繋がるようなことがなく
無事に過ごすことが出来ました。

夕方には暴風域を抜け出して雨風共に弱まってきたので、スーパーへ買い出しに
出かけたのですが、パンや卵などを中心とした一部商品が品切れとなっていました。
もちろん、船便が欠航した影響です。
交通が遮断され孤立した島となったわけではありますが、
ただそれも今日一日ということもあり、他の商品は全体的に少なめではあるものの、
不自由さを感じるものではありません。
内海に浮かぶ小豆島でも、これが続くとなると困りますが。
天候も落ち着き、雲の切れ目から現れた向こう側の高松の高層ビルが見えてくると
ちょっとした安心感に包まれます。

一つ。そして、また一つ島での経験が増えました。
これから迎えるどんなことにも立ち向かっていきたいです。


つづく。