掲示板

2017年08月06日

移住入門

移住入門 第17回

毎年思うことなのですが、今年は去年より一段と熱くなっているような気がします。
電車や駅ビル、校舎などの屋内で一日の大半を過ごしていた去年と比べたら、
今の生活は外にいる時間が断然多く、天気予報を隈なくチェックする日々です。

DSC_0001
毎日のように見る海は、日常と化して島に移住したことも忘れてしまうのですが、
観光客が乗る県外ナンバーを見ると、
「ここは瀬戸内海に浮かぶ島なんだ」と改めて島に住んでいることを実感します。
そんな小豆島での生活ですが夏休みにも入り、連日多くの海水浴客で賑わっています。

島内には海の家が何軒も立ち並ぶ大きな海水浴場から、こじんまりした雰囲気でプライベートビーチ感が満載な海水浴場まで島の至る所にあります。
また、海もこれ以上青くなるのかと思わせるくらいの、青さの頂点を迎えており、
梅雨も明け暑さも増して、絶好の海水浴日和が続いています。

海では浮き輪や泳いで遊ぶ人も多くいますが、マリンスポーツも充実しており
シーカヤックやウエイクボードなどで遊ぶこともできます。
特に最近ブームとなっているのが、SUP(スタンドアップパドルサーフィン)。
サーフボードより大きいボードの上に立ち、パドルで漕いで遊ぶマリンスポーツです。
水面と同じ高さで移動しパドリングを習得すれば、360°自由に動き見渡すことが出来るSUPは、そこから見る日の出や夕陽は格物なものだそうです。
私自身、まだSUPは未経験ですが近いうちにやる予定なので、
その際は感動をみなさんにお届けできたらと思います。

日本の多くの海水浴場では地平線が見えるのでしょうが、ここは内海に浮かぶ島。
海を挟んだ向こう側に陸地が見えるその景色は、私にとっては不思議な感覚。
たまに、実は向こう側とつながっている場所があって、
ここは島なのか陸地部なのかわからなくなる錯覚に陥ることも。
そんな島で迎える夏はこれからも様々な発見がありそうです。


つづく。