掲示板

2017年08月11日

移住入門

移住入門 第18回

北の岡山は「晴れの国」と称され、南の香川は水不足が問題になるなど降水量が少ない、その中間に位置する小豆島も同じ瀬戸内海式気候。
基本的に雨が少ないというのは嬉しいことなのですが、ずっと続くとなると
農作物等に影響が出るので困ってしまいます。
適度に降ってくれたらいいのになあと思うのですが、今回やってきた雨は
強力な勢力を持つ台風5号です。
DSC_0008

小豆島に来て初めての台風を経験しました。
山も海も近いこの場所は、波が高く上がり背後にそびえる山の様子に気を配りつつ、
若干の緊張をもって迎える台風です。
小豆島に台風が最接近したのは月曜日の昼頃ではありますが、
その影響は前夜からありました。
帰省客を含め大勢のお客さんで盛り上がる予定だった、町のお祭りも中止となり、
島の湾内には、台風から避難するため航海中の多くの船達が集まっていました。

迎えた月曜日は前日からアナウンスがあったように、小豆島を発着する
すべての船便が運休となり、それに伴って多くの施設や飲食店が休業となりました。
私自身もその日は仕事が休みとなって1日中部屋で過ごしては、
台風が過ぎ去るのを待つばかりでした。

台風自体は、いつもの雨より一段と強いものの、災害に繋がるようなことがなく
無事に過ごすことが出来ました。

夕方には暴風域を抜け出して雨風共に弱まってきたので、スーパーへ買い出しに
出かけたのですが、パンや卵などを中心とした一部商品が品切れとなっていました。
もちろん、船便が欠航した影響です。
交通が遮断され孤立した島となったわけではありますが、
ただそれも今日一日ということもあり、他の商品は全体的に少なめではあるものの、
不自由さを感じるものではありません。
内海に浮かぶ小豆島でも、これが続くとなると困りますが。
天候も落ち着き、雲の切れ目から現れた向こう側の高松の高層ビルが見えてくると
ちょっとした安心感に包まれます。

一つ。そして、また一つ島での経験が増えました。
これから迎えるどんなことにも立ち向かっていきたいです。


つづく。

2017年08月06日

移住入門

移住入門 第17回

毎年思うことなのですが、今年は去年より一段と熱くなっているような気がします。
電車や駅ビル、校舎などの屋内で一日の大半を過ごしていた去年と比べたら、
今の生活は外にいる時間が断然多く、天気予報を隈なくチェックする日々です。

DSC_0001
毎日のように見る海は、日常と化して島に移住したことも忘れてしまうのですが、
観光客が乗る県外ナンバーを見ると、
「ここは瀬戸内海に浮かぶ島なんだ」と改めて島に住んでいることを実感します。
そんな小豆島での生活ですが夏休みにも入り、連日多くの海水浴客で賑わっています。

島内には海の家が何軒も立ち並ぶ大きな海水浴場から、こじんまりした雰囲気でプライベートビーチ感が満載な海水浴場まで島の至る所にあります。
また、海もこれ以上青くなるのかと思わせるくらいの、青さの頂点を迎えており、
梅雨も明け暑さも増して、絶好の海水浴日和が続いています。

海では浮き輪や泳いで遊ぶ人も多くいますが、マリンスポーツも充実しており
シーカヤックやウエイクボードなどで遊ぶこともできます。
特に最近ブームとなっているのが、SUP(スタンドアップパドルサーフィン)。
サーフボードより大きいボードの上に立ち、パドルで漕いで遊ぶマリンスポーツです。
水面と同じ高さで移動しパドリングを習得すれば、360°自由に動き見渡すことが出来るSUPは、そこから見る日の出や夕陽は格物なものだそうです。
私自身、まだSUPは未経験ですが近いうちにやる予定なので、
その際は感動をみなさんにお届けできたらと思います。

日本の多くの海水浴場では地平線が見えるのでしょうが、ここは内海に浮かぶ島。
海を挟んだ向こう側に陸地が見えるその景色は、私にとっては不思議な感覚。
たまに、実は向こう側とつながっている場所があって、
ここは島なのか陸地部なのかわからなくなる錯覚に陥ることも。
そんな島で迎える夏はこれからも様々な発見がありそうです。


つづく。

2017年07月26日

移住入門

移住入門 第16回

普段は出会うことのない食材、調理法。
知らないものに出会ったあの感覚は、いつまでも鮮明な記憶として残っています。
ご当地グルメにはそんな力強いパワーがあるような気がします。

DSC_0080
小豆島には多くのご当地グルメがありますが、
中でもひと際有名なのが小豆島の食材をふんだんに使用した丼。
その名も「ひしお丼」です。

ひしお丼ですが、小豆島と旅行専門雑誌「じゃらん」との共同企画で生み出された
ご当地グルメです。

そもそも「醤(ひしお)」ですが、塩を加えて発酵させた塩蔵品の事を指し、
昔から加工貿易が盛んな小豆島では島外から調達した大豆などに塩を加えて加工され、醤油が生産されていました。
島の東側に位置する、馬木地区や苗羽地区では明治以降に繁栄した醤油蔵が現存されており、醤の歴史を感じられる街並み、「醤の郷」があります。

そして、ひしお丼には条件があるのですが、
一つ目は、「醤の郷」で作った醤油やもろみを使用していること。
二つ目は、小豆島の魚介、野菜やオリーブなどの地元の食材を使用していること。
三つ目は、箸休めにはオリーブか佃煮を使用していること。

以上の条件を満たしたものが、ひしお丼として提供されているのです。

お店によっては、お魚がメインであったりお肉がメインであったり、
さまざまな調理方法で多種多様なひしお丼を楽しむことが出来ます。

写真は小豆島オリーブ園さんにあるオリーブパレスのひしお丼で、小豆島産のオリーブオイルともろみ味噌を使用したそぼろ肉に島の野菜をふんだんに使ったひしお丼です。

島内には十か所以上のお店でひしお丼を食べることができるそうですが、
ひしお丼の食べ比べをするのも面白いかもしれませんね。

小豆島の食の豊かさに触れることができた、そんなひしお丼でした。


つづく。

2017年07月23日

移住入門

移住入門 第15回

三連休となると島のあちらこちらで県外ナンバーの車を見かけます。
多くは姫路や神戸、大阪などの京阪神や四国ナンバーが多いのですが、
遠くは品川や鹿児島とかまでちらほらと。
また、細い道が多いゆえに軽自動車率が高い島内ですが、
普通乗用車を見かけるとそれは県外ナンバーが多いような気がします。

小豆島に来てからは何かとスポットや行事は口コミや自分で調べて行くことが多かったのですが、色んな人との交流関係も増えてきた今日この頃は、生まれも育ちも島の人と仲良くなることが多くなり、今まで入ってこない情報も入ってくるようになりました。
そんななかで、島の人に知る人ぞ知るような島の中のスポットに連れて行ってもらった今週末です。

DSC_0007
その一つのスポットが銚子渓の滝。
某動物番組でも紹介され、尋常じゃないお猿の数とその距離感にびっくりするお猿の国のすぐそばにあるのが銚子渓です。
そして、そこの渓谷に流れる滝はここ数日の猛暑をかき消すような涼しげなもの。
島という限られた面積にもかかわらずこんなにも水量があるのかと驚くような水が下っては落ちていきます。
この水が虫送りの回で紹介した棚田の稲の生育支える重要な水となっているそうです。

そして何より滝の上から見るスポットは写真以上の迫力があります。
高低差は数十メートルあるように見える滝は、
滝の落下地点を見下ろす事なんてできるわけもないくらい高さがあります。
こういうダイナミックな自然に触れることは改めて「今は島に住んでいるんだ」と認識する一コマになります。

島内には他にも滝がいくつかあるそうです。
また今度滝巡りの回を設けたいなと思います。


つづく。

2017年07月14日

移住入門

移住入門 第14回

DSC_0004
小豆島へ来てからは、何かと規則正しい生活が送れています。

私は農業関係のお仕事に就いています。
そのため、基本的には太陽が昇っている明るいうちは仕事があるのですが、
そうではなくなるともう家についています。
出社する時間は皆さんよりもちょっと早いのですが、終業は午後4時とか5時なのです。
その影響で朝が早いので夜は早めに寝て、早寝早起きの実践者となりました。
ちなみに、学生時代は毎日のように日が変わってから寝る生活も一転、
小豆島へ来てからは、起きていて日が変わるようなこと一度ありません。

そんな規則正しい小豆島での生活ですが、私の中で大切にしている時間があります。
それは、仕事が終わってからの時間です。

島の人は会社のスポーツクラブで活動したり、習い事であったり、
サイクリングしたり、夜景を撮りに行ったり。そんな過ごし方があるそうです。
特に会社のスポーツクラブに関しては盛んなようで、
島の企業同士で頻繁に試合を行なっているみたいです。

そして私自身もいろんな過ごし方をしています。

例えば、温泉。
小豆島には温泉がいくつかあります。
屋外での仕事が終わって汗がだくだくの中、職場から直行で温泉へ行き、
明るいうちから湯船に浸かれるのは至上のひとときです。
よく行く温泉には露天風呂が設置されており、目の前には瀬戸内海の絶景、
まるで水墨画のような景色が広がります。

他には、ボルダリング。
今年に入って誕生したボルダリングの施設は、体を動かすのに最適な場所です。
夜の10時まで空いているので仕事終わりでも十分に遊ぶことができます。
小豆島には自然の岩でボルダリングが出来る場所があるそうで、
そこへ行くことを目指して屋内で日々特訓中です。

極め付けはBBQ。
これは島の常識なのかそれともたまたま誘ってくれる人がBBQ好きなのかはわかりませんが、こっちにきて4度も経験しています。
徒歩圏内に海があり、砂浜でBBQしながら夕暮れの海を眺めるのも良い時間です。
島へ来る前に思い描いていた島暮らしと重なる部分があり、
とても満足している島暮らしです。
今度は釣りに挑戦したいなと思う、今日この頃。

いい島です、小豆島。


つづく。

2017年07月05日

移住入門

移住入門 第13回

小豆島に来て楽しみにしていたことがつい先日行われました。
松明の灯りと鮮やかな緑色の苗が夕陽に映える、虫送りです。DSC_0123

農作物の害虫除けや豊作を願って古くから日本各地で行われてきた虫送りですが、
小豆島が舞台となった「八日目の蝉」のワンシーンで登場したその様子を画面越しで見て以来、いつか実際に自分の目で見てみたいという想いがありました。

ちなみにこの写真は小豆島の肥土山地区で行われたもので、
7月8日には中山地区で虫送りが行われます。
ご都合よろしければ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

島と言えば大きさや地形、気候にもよりますが私の中で山か海かと問われれば海寄りのイメージがあったので、
海よりも断然山寄りのイメージがある棚田の風景が島で見ることができるのはちょっと不思議な感覚でありました。

でも実際には色んな島でお米は生産されており、
有名どころだと朱鷺と暮らす郷のお米を生産している佐渡島。
私自身が実際に見たことがあるのが豊島(香川県)と中ノ島(島根県海士町)です。

豊島の田んぼは山の地形沿って緻密に切り崩した棚田で、棚田の先には海が広がっており棚田全体の大きさなど石川県輪島の千枚田に似たようなもの感じました。

中ノ島(海士町)は、離島キッチンで使用しているお米の生産地です。
大小様々な田んぼが棚田を成しているというよりかは、
よく平地部で見るような大きくてきれいな四角形を成した田んぼであり
自給率は100%を超えるほどのお米の生産量があるとか。

他にもいろいろな島でお米が生産されているそうですが、
地形が複雑で田んぼを作るのに工夫が求められる島の棚田は、
昔の人が知恵を絞り汗水かいて作った棚田のその背景を強く感じられるので、
これからも残していきたい風景だと思います。

余談ですが個人的に見てみたい島の棚田があるのですが、
それは山口県祝島の「平さんの棚田」です。
30年かけて築いた棚田は高さが5メートルを超えるほどの石垣が何段もあって、
真下には青い海が広がり天空に浮かでいるかのように感じられるそうです。

いつか、島の棚田○○選を作ってもいいかもしれませんね。


つづく。

2017年07月01日

移住入門

移住入門 第12回

遠くに見える船はまるで止まっているように見えます。
DSC_0033 (3)

小さいときは空遠くに飛ぶ飛行機を見るのが好きでした。
「あの飛行機進んでいるのかな」と感じるくらい遠い空を飛んでいる飛行機です。

そしてそれと同じくらい海を行き交う船をぼっーと眺めるのが好きです。
海路の大動脈を成してるこの海は、右から左、左から右へと貨物船や漁船やら多種多様なたくさんの船が行き交います。
船は速度が遅い分ちょっと遠い所高い所から海を見下ろせば、
本当に止まっているじゃないかなってくらい不思議な光景です。
絵のような風景を眺めている時間は至福なひと時です。

さて、島って時間がゆっくりと流れているイメージがありませんか。
生活にも慣れ色んな余裕が生まれた今日この頃、
この時間感覚を意識するようになりました。

都会の高層ビルみたいに太陽を遮るものがないので、
1日をかけてゆっくり昇っては沈んでいることを実感します。
渋谷のスクランブル交差点のように常に車、人がひっきりなしに動くことはなく、
目で追うものが少ないのでなにかとゆっくりと感じます。
分刻みで運行する電車に合わせて予定を組む必要もなく、
ここではあんまり時計も見ることなく時間を意識することが多くはありません。

都会での生活に慣れ親しんできた分、余計に強く感じるのかも知れません。
自然との距離感の近さを感じながら過ごす毎日です。

たまには見るものやること何もかもが常に動いている日々があってもいいかもしれませんが。今日も朝日が昇り、夜風と月夜がなんとも綺麗な島の一日です。


つづく。

2017年06月21日

移住入門

移住入門 第11回

この週末は小豆島を離れ、瀬戸内海に浮かぶ別の島に行ってきました。
その島の名前は六島(むしま)。
岡山県最南端に位置する六島は、岡山県笠岡市の港から海上タクシーに乗ると40分ほどで到着します。

DSC_0055
その日は、島の休耕地に水仙の球根を植えるボランティアツアーの
「水仙植えるカムツアー」に参加しました。
六島は灯台と水仙の島とよく言われます。
瀬戸内海を横断する大型船を一望できる場所にある六島灯台と、
その周りに咲き誇る水仙の可憐の姿はなんとも美しいものです。
これらの水仙は、島の人を中心に島外ボランティアも加わって植え付けが行われた球根が花を咲かせます。

さて、私にとってこの六島は特別な思い入れがある島です。
話は学生時代に遡るのですが、春の長期休暇の時にこの島で行われたインターシップに
1か月ほど参加したことがありました。

以前の記事にも書いたように
某自動車会社の小豆島がロケ地のコマーシャルを見た大学入学当初よりそれとなく、
「将来は瀬戸内海の島でのんびりと暮らしたい」
というような想いをもっていました。
そんな想いで瀬戸内海へは何度か旅行で訪ねていたのですが、
観光で見るのと実際に住むとでは違うはず。
「実際にそこでの暮らしはどうなんだろう」と思った時に出会ったのが、
このインターンシップです。

私にとっての瀬戸内海はただただ美しいものだと思っていました。
ですが、実際には高齢化などによる医療、福祉の問題や少子化による教育の問題、
後継者不足による休耕地や空き家の増加の問題など
インターンシップを通じて実際に島の人と生活を共にすることで、
様々なものを抱えている島の現状を知りました。
表面的なものばかり見ていた私は、
来る前にもっていた理想と実際に来て見て知った現実とのギャップに悩みます。

ただその中で、島の人のやさしさや島への愛情に触れることで、
将来的にただ単に島でのんびり過ごすというよりかは、
実際に島が直面している問題に携わり、
島の人と一緒に考えていきたいという想いが芽生えてきました。

そういったわけでその後は芽生えた想いをもとに数々の事を経て、
今現在は島に住んで働いています。

そんな六島ですが無事に小豆島への移住を果たし、
前より色んな意味で近い存在となったわけではありますが、
これから様々な形で関わっていけたらいいなと思います。


つづく。

2017年06月17日

移住入門

移住入門 第10回

それは、夏を告げる風物詩であります。
およそ一週間ともいわれる儚い命は、お互いを呼び寄せるために光を灯すそうです。
DSC_0073

小豆島ではホタルの見ごろを迎えました。
前回の記事の最後にちょっこと書いた棚田が美しい中山や、
小豆島で一番大きなダムである吉田ダムの周辺でホタルを見ることできました。
都会のネオン街を見て育ってきた私はホタルを見た記憶がほとんどなく、
そもそも見た事実すら忘れかけているくらいホタルとは縁のない22年間を過ごしてきました。なので、今回見たホタルは生まれて初めて見るような感覚でした。

中山と吉田ダムの周辺のそれぞれでホタルを見たのですが、
吉田ダムの周辺ではホタル祭りという祭りと合わせて見ることができました。

このホタル祭り「ホタルの写真を少しばかり撮りに行こうかな」
というような軽い気持ちで行ったのですが、会場に着くとびっくり。
車はすでに数百台は停まっており、お客さんの数もざっと数千人くらいで、
移住して以来一番の人込みを感じるほど、沢山の人で賑わっていました。

野外フェス顔負けなステージが設けられ、
地元の人のバンド演奏やダンススクール生によるダンスの披露。
また出店も豊富に揃っており、ビールから焼き鳥、フランクフルト、かき氷など。
よくあるような夏祭りの感じだと思います。
ただ、やっぱり島である分、自然との距離が断然近いのです。
周りを遮るような建物も、ビル群の灯りもない。
海がすぐ近くにあって、背景には山がある。
これらの自然は祭りには映えるのです。

肝心のホタルも素敵なものでした。
地元の人の会によって大切に飼育されているホタルですが、
今まで見てきたネオン街と比べたらほんのわずかな光ではあります。
ただそのわずかな光が描く曲線はなんとも幻想的なものでした。

これから本格的な夏の時期に入ると小豆島では毎週のようにどこかでお祭りが行われるそうですが、それが楽しみでなりません。
休みの日が何とも楽しい小豆島での生活です。


つづく。

2017年06月07日

移住入門

移住入門 第9回

つい先日、小豆島ではとある花の開花が見頃を迎えました。

初めて見たその花は、まるで小さな目玉焼きのような花でした。
小豆島といえば、オリーブ。
そうです、オリーブの花が咲きました。DSC_0040

香川県花、香川県木でもあって、前回のオリーブマラソンのように、何か名前が付くのであればオリーブ○○と名がつくように何をとってもオリーブの島なのです。
小豆島の代名詞でもあるオリーブは島の至るところで見ることが出来ます。
オリーブ農家の農園や、個人宅の庭木、また街路樹まで。

そもそも、なぜ小豆島がオリーブで有名なのか。
もともと地中海が原産のオリーブですが、
日本に初めてオリーブが持ち込まれたのは1593年。
長崎県・平戸に渡航したイエズス会の南蛮渡来の献上品の中に、
オリーブの新漬けがあったそうです。
その後は薬用目的などで幾度と持ち込まれるようになったオリーブですが、
本格的に栽培がおこなわれるようになったのは日露戦争後。
日露戦争に勝利した日本は広大な漁場を確保し、
そこで水揚げされた魚の保存や輸送手段が検討されました。
その中で西欧諸国にて行われているオリーブオイル漬けする方法が挙げられ、
オリーブの国内自給のため栽培計画が国策として取り組まれたのです。
1908年に三重、和歌山、香川の三県で試験栽培が行われ、
そして唯一栽培に成功したのが香川県であって小豆島でした。
その後、栽培面積を拡大していき今日のオリーブの島となったわけです。

「景観は地域活動のストックだ」
と私の学生時代の指導教員は仰っていたことをふと思い出したのですが、
今日の島の至る所にあるオリーブの景色は、
小豆島の地とそこに住む人が共に歩んで来た素敵な景色だと改めて感じました。

成長の一過程でありますが、花が咲いて身をつける。
今まではそんなに意識したことはなかったのですが、
島じゅうにあるオリーブについつい目が向いては、様子が気になってしまいます。
銀色の葉にたわわに実る果実をつける、秋の収穫期が楽しみです。


つづく。