掲示板

2017年04月19日

移住入門

移住入門 第2回

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。
小豆島では各所で桜の花が開きそして散っていく。
季節を象徴する桜の開花の一連によって、暖かさと共に春らしさを実感できるようになってきました。

さて、小豆島へ移住したわけではありますが、小豆島での生活をお届けする前に、
私が小豆島へ移住したきっかけを何回かに分けてお送りしたいと思います。

まず、私が初めて小豆島を知ったきっかけは、
ダイハツの「日本どこかで」というテレビコマーシャルを見たときでした。
俳優の吉岡秀隆さんが演じるお醤油を作る職人さんを父に持つ人物が、父親が病気で倒れたことを機に家業を継ぐために故郷の島へと戻る、そんな内容のコマーシャルです。
この故郷の島が小豆島で、島の自然風景や街並みを背景に物語は進んでいきます。

特別代わり映えのしない風景、街並みなのかもしれないのですが、
映像の中で動くものは少なくそしてゆっくりと動いてく様子に、
正反対の都心部での生活にしんどさや窮屈さを感じていた私には、
心が休まる映像でした。
この映像が頭から離れず、ロケ地を調べたところ「日本のどこかで」ある小豆島を知ることとなりました。

コマーシャルが放映された時期は当時高校3年生、2012年だったと思います。
相変わらず小豆島の映像が頭から離れない私は、
心休まる地を求めて翌年2013年に初めて小豆島にいく事となります。

2013年12月。
宇野港(岡山県玉野市)から土庄港(小豆島)へ向かうフェリーに乗り込み島へ渡りました。
冬の瀬戸内海、当然のように寒さが厳しい季節ではありますが、外の風に少しだけあたりたいと、そんなふとした考えで屋上の甲板デッキにあがりました。
そして私は次のような景色を目にしました。

島が浮かんでは消える。

船は瀬戸内海の島々を縫うように走り、
船から島までの距離が一本一本の樹形がわかるほど近い距離を航海していきます。
一つの島が浮かべば、もう一つの島が消えていく。
そして更なる島が浮かんでくる。消えていく。その繰り返し。
たった一言で表せる景色ではありますが、不思議な体験で飽きることのないその連続する景色が美しい。
船上での出来事は寒さを忘れるほどの衝撃的なものであり、終始甲板デッキに張り付いたまま土庄港へ到着したことを覚えています。

この景色こそが私にとって、瀬戸内海の始まりであります。DSC_0146


つづく。

2017年04月12日

移住入門

移住入門 第1回

みなさま、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

4月となり入学式や入社式など何かと新しいことが始まる季節ですが、
私はブログを始めたいと思います。

今年の春まで離島キッチンでアルバイトととして働いていました、ハマクボです。
主にホールを担当していましたので、ご来店いただいたお客様は、もしかすると接客させていただいたのかもしれません。
(いつもsakana Japonの前掛けをつけていました。これは壱岐島(長崎県)にある、
みなとやゲストハウスさんの前掛けです。)

離島キッチンでは、島食材の知識や調理など島に関することに精通した社員の方々が
中心となって店舗を運営しておりますが、
私のような学生アルバイトも従業員として一緒に店舗を盛り上げています。
5、6人ほどの学生アルバイトが居たのですが、
みんな島が好きで島に縁のある人ばかりでした。
対馬(長崎県)出身の子や新島(東京都)出身の子。
インターンシップやボランティア活動を通じて奄美群島(鹿児島県)や
利島(東京都)、粟島(新潟県)と関わりのある子などなど。

そんな私も島が好きな一人として働いていました。
島と言っても日本には北から南まで数多くの個性あふれる島々がありますが、
私が特に思い入れがある島は瀬戸内海の島々です。
学生時代には、小豆島(香川県)に旅行へ行ったのを機に、
瀬戸内海の島々を何度も旅行で訪れてはインターンシップに参加したり、
豊島(香川県)でのオリーブ収穫のアルバイトをするなど、
どっぷりと島に浸かった学生時代でした。

さて、私ですが先に述べたように、今現在離島キッチンのアルバイトを辞めております。先月、大学を卒業し就職しておりますが、就職先がちょっと変わった就職先です。

そうなんです、島の企業に就職をしました。

新卒、社会人一年目、Iターン、島移住。
決して多くはない選択だと思います。
22年間の多くの時間を過ごした都心部から離島への引っ越しです。
これからどんな生活が待ち受けているのでしょうか。

そんなこんなで私は、瀬戸内海に浮かぶ島、
小豆島へ移住しました。
DSC_0051
つづく。