掲示板

2016年09月15日

物販紹介

【すももジャム、たんかんジャム】 鹿児島県・奄美大島

_igp2173
春になると桜や梅に似た白い花を咲かせ、収穫期は夏の訪れを感じる果物です。
すっぱいもも(酸っぱい桃)から「スモモ」と名付けられました。

たんかんはミカン科の常緑樹で「ポンカン」と「オレンジ」の自然交配種。
酸味が少なく甘味に富むのが特徴です。奄美大島では、鶏飯の風味付けなどに
使われています。

コトコトと長時間煮詰めて、丁寧に手作りされた南の島の恵みです。
クラッカーやヨーグルトなどにお使いください。

写真 文
幸 秀和

2016年09月15日

物販紹介

【ましゅの塩】鹿児島県・奄美大島

_igp2178
奄美の海水から精製されたこだわりの塩。奄美地方の方言で塩は『ましゅ』と呼ばれています。素材を引き立てるまろやかな味わいのお塩です。
天ぷらやおにぎりなど、塩の旨みを感じるお料理にどうぞ。

写真 文
幸 秀和

2016年09月15日

物販紹介

【グァバ茶、月桃茶】鹿児島県・加計呂麻島

_igp2157
奄美では、グァバの事をばんしろうと呼ぶのが一般的です。
ほのかな甘さと、果皮の持つ渋み・苦味があわさった、さわやかな味わいです。
ビタミンCが豊富に含まれており、 風邪予防、美肌効果などがあると 言われてます。

月桃は、ショウガ科・ハナミョウガ属に分類される多年草です。
日本では九州南部~沖縄にかけて自生しています。
甘く爽やかな香りは、ストレスを和らげる効果もあると言われており、
お茶だけではなく、アロマオイルなどにも使われています。

写真 文
幸 秀和

2016年09月15日

物販紹介

【粗糖】鹿児島県・喜界島

_igp2162
粗糖とは精製される前の砂糖で色は茶色、 まだ蜜が残った状態のものです。 サトウキビ、粗糖、精製糖(上白糖など) へと順に加工されていきます。収穫されたサトウキビは、畑の近くにある製糖工場へ運ばれ、サトウキビの搾り汁を煮詰め、不純物を除き、遠心分離機で蜜分を分けて結晶状態(原料糖・粗糖)にします。

写真 文
幸 秀和

2016年07月12日

物販紹介

【おだしのりせんのだしパック】北海道・利尻島

_IGP1788
昆布が豊富な利尻島の家庭では、必ず昆布だしをとる習慣があります。利尻島産昆布と鹿児島県本鰹節を使用し、食塩・化学調味料は一切使用しておりません。

文 辻原 真由紀
写真 幸 秀和

2016年07月12日

物販紹介

【北りん道 昆布からのお塩】北海道・利尻島

_IGP1770
昆布を湿らせ、乾かす作業を繰り返して作ったお塩。その際に昆布の表面にできる白い色の旨味成分と甘い天然塩を合わせて粉末にしました。

文 辻原 真由紀
写真 幸 秀和

2016年07月12日

物販紹介

【利尻島産・利尻昆布】北海道・利尻島

_IGP1782「リシリコンブ」とは、利尻島・礼文島付近で採れるコンブの学名で、味が濃く香り高い透明な澄んだだしが取れるのが特徴です。その上品な味わいは、京料理などでも珍重されます。

文 辻原 真由紀
写真 幸 秀和

2016年06月22日

物販紹介

【青ヶ島マグネット】東京都・青ヶ島

_IGP1718
日本一人口が少ない村で、住所がすべて無番地(番地がない)という東京都の青ヶ島村。焼酎(青酎)や塩づくりが有名な島で、二重式火山でできた世界でも珍しい地形を有しています。

文 佐藤 喬
写真 幸 秀和

2016年06月22日

物販紹介

【はれひめマーマレード】愛媛県・岩城島

_IGP1621
瀬戸内海を縦断するしまなみ海道の島々で栽培されている柑橘の新品種「はれひめ(みかん)」を丸ごと使用したマーマレードです。
パンケーキやヨーグルトと合わせて、はれひめのさわやかな香りと芳醇な味わいをお楽しみください。

文 菊地 真琴
写真 幸 秀和

2016年06月22日

物販紹介

【たまみマーマレード】愛媛県・岩城島

  _IGP1618
青いレモンの島として有名な、瀬戸内海に浮かぶ岩城島。春の訪れと共に収穫される、みかんの新品種「たまみ」を丸ごと使用したマーマレードです。
ヨーグルトやパンケーキに。たまみの濃厚な味わいをお楽しみください。

文 菊地 真琴
写真 幸 秀和