掲示板

2018年08月07日

学生島物語

篠島だより(一)

こんにちは。本日の担当も、明治大学政治経済学部3年の藤田です。
日間賀島を1泊したあとは、急いで篠島に向かいます。

篠島まではフェリーですぐです。それもまた、10分もかからなかったように感じます。
島に到着してからは、まず観光案内所で島について事前調査のおさらいを。
また、物販でご用意するために狙っていた商品を実際にみんなで直接見て、食べて、吟味します。そこで早速出会ったのは、売店のこちらの方!
いいきなり押しかけてきて「島民インタビュー」なるものを敢行している私たちにも
本当にこれでもかというぐらい優しくしていただきました。

個人的に興味深かったのは、島の子供の遊び方が磯遊びであることと島の犬嫌いの伝統が今も少なからず残っているということです、、、。犬嫌いの伝統については実に面白かったです。また、伊勢神宮との深いつながり、その神聖さも島民の姿勢で詳しくお話くださいました。

島の習わしや伝統について、島人に直接確認をしたかったことを全て教えて頂けたように思います、、、!

さらに「この子たちが島について知りたがっているから、話聞かせてやってくんねえか。」と4人にも電話をおかけくださいました。そこでたどり着いたのが電気屋さんのおかみさんです。

道順を説明していただいて大きなキャリーケースを転がしながら教えて頂いた黄色のご自宅へ向かいます。
(ご親切にしてくださってありがとうございました。翌日、また売店でお会いできるかと思っていましたが、別の方ご出勤されていました!)

部屋の掃除中だったというおかみさんが奥から出てきてくださってお話を始めてくださいます。

なにやら、島のことに精通していらっしゃってご自身で、しらっぴー(篠島シラスがモチーフの島のマスコットキャラクター)のぬいぐるみも販売しているんだとか!とってもきれいなハツラツとした方でした。

島の食べかたや一押しの景色、島人おすすめのお店など、
島の外側の魅力だけでなく、島の生活について共有してくださいます。

また、他の民宿のおかみさんをご紹介して頂いたり、先程、売店で頂いたお話とはまた別の角度から伊勢神宮との深いかかわりについて教えて頂きました。ありがとうございました!

こちらが、島のマスコットキャラクターのしらっぴー

かわいい!!!

けいこ姉のもとを後にした私たちは、とにかくおなかをすかせていましたのでおすすめして頂いた「とねさん家」で昼食を頂きます。

しらす漁獲量日本一でブランド化までされている篠島のシラス、どんなものだろうと思って2人は釜揚げシラス丼を、2人はシラスのフライ付き焼き魚定食を頂きます。

これがまた本当においしい!!!!!そしてうれしかったのは、焼き魚定食にも、小鉢で釜揚げシラスを添えてあったこと、、、。高い、ポイントが高すぎます!

さらに、、
私はフライを頂いたのですが、もう一人もシラスのフライには大感動。しらすの塩気だけでこんなにもフライは素材のうまさがひきたつのか、、、

そんなこんなでいちいち感動しながら明日までの計画を立て、とねさん家をあとにします。
(ごちそうさまでした!釜揚げシラス定食も本当においしかったです!)

宿は篠島観光協会の天野様の「三船亭」さんにお世話になります。アナゴ料理で名をはせる、島でも有名なお宿のようです。

宿についてからは、約束の時間よりも少し早めにお迎えの車で漁協まで案内して頂きました。
もちろん、こうして漁協に足をふみいれるなんていう経験も人生で初めてです。

正直、少し怖いイメージの漁師さんたちが私たちとまじめに取り合ってくれるのかと、実はとても心配していました。

ですが、予想とは裏腹に、漁協の販売課代表の木下様は、私たちに懇切丁寧に魚の旬や食べ方や卸値など、事細かに教えて下さいました。ありがとうございました。
また、同じく明治大学出身のしらすの水産加工の小久保様にも偶然お会いできたりと
様々な出会いにめぐまれました。小久保さん、お土産のしらす、本当にありがとうございました!

冷凍状態でいまでも少しづつ、美味しくおいしくいただいております!


篠島だより(二)につづく

藤田