掲示板

2018年03月16日

学生島物語

八丈島 八丈太鼓よされ会

どうも、早稲田チーム最年少の1年生、福元康平です。

さて、僕が紹介するのは八丈太鼓の演奏、伝承を行なっておられる団体、”よされ会”です!
島に着いた日の夜、島の集会所的なところに集まり、八丈太鼓の説明をしていただきました。

八丈太鼓は、1つの太鼓を両側から叩きます。複数の太鼓であれば両側から叩くこともありますが、1つの太鼓を両側から叩くのはとても珍しいそうです。片方の人がリズムを取り、もう片方の人がそのリズムに合わせて自由に演奏していきます。演奏の際、郷土の歌が盛り込まれることもあるそうです。
S__4636728
そんな八丈太鼓の演奏を僕たちも体験してきました。最初はリズムに乗って創作の演奏をするのは難しかったのですが、慣れてくると案外楽しいものです。
S__4636729

”よされ”とはそもそも、八丈の方言で”集まれ”という意味。

八丈太鼓の演奏、伝承を行うと書いたものの、実際にはよされ会の方々は、お酒を飲みながら気の向くままに太鼓を叩いているとおっしゃっていました(笑)。愉快な仲間たちと太鼓を叩いておられるときのイキイキとした顔を見て、八丈島や八丈太鼓への愛が伝わりました。

また、八丈島では2010年から毎年1度、24時間チャレンジ八丈太鼓というイベントが開催されているそうです。経験者未経験者一切関係なく、24時間八丈太鼓をリレー形式でみんなで叩き続けます。例年10月に行われるそうなので、皆さん興味があればぜひぜひ八丈島に足を運んでみてください!!

文 福元 康平