掲示板

2018年03月07日

学生島物語

八丈島 マルタ水産

こんにちは!初めまして!
早稲田大学3年の大野木 諒です!
これからメンバーとともに八丈島の魅力を伝えられるよう頑張っていきます!
プロフィール写真

私はもともと島根県海士町に関わりがあり、海士町を通して離島キッチンを知りました。

島の魅力を伝える
今だ知らない離島の魅力を発掘する…

今回の六大学プロジェクトにはこのようなおもしろそうな魅力があったので、参加することにしました!!

そして、 私たちが選んだ島は八丈島です!!

「東京都の島でアクセスもいいのに、あんまり八丈島のこと知らないな」
そんな点から興味をもち、先日チームメンバーと共に八丈島に行ってきました!!!
107293

これからのブログでは、私たちが八丈島での視察を通して、実際に見て聞いて感じてきたことなどを伝えていけたらなと思います!

トップバッターの私が今回ご紹介するのは、、、、、、、

くさやのマルタ水産!!!です!!!

お話をしてくださったのは、
マルタ水産の代表であり、八丈島水産加工組合の組合長でもある浅沼さんです。

朝早くからうかがいましたが、温かく迎えてくださいました。

インタビューの様子1

まずお聞きしたのは、くさやについて。

くさやはみなさんご存知でしょうか?

八丈島の名物でとても有名なくさや。さかなの発酵食品です。
もともとは生魚を保存するために加工していたものが、いまでも名物として愛されています。

くさやは島で代々伝わるくさや液にアジや飛び魚を浸け、発酵させ、乾燥させて完成です。
くさやには独特の香りがあります。しかし、ひと口食べると発酵で菌たちが生み出した旨味成分により、噛めば噛むほど魚の旨味が口の中に広がります!

クセのある食材ですが、試してみるべき逸品です!

そんなくさやの魅力について、浅沼さんにお聞きしてきました!

浅沼さんはもともとは別のお仕事をされていましたが、マルタ水産の2代目が体調をくずされたのを機に、3代目として今のマルタ水産を担っています。

マルタ水産のくさやの特徴は、くさやの1番の魅力でもあり欠点でもある香りを抑えてる点とのことです。くさやは特徴的な香りのため、好き嫌いが別れてしまいますが、そこをマイルドな香りにすることで、食べやすいくさやに心がけているそう。

また、くさやの流通にまつわるお話では、昔は生のくさやを売っていたが、今では焼けたくさやの方が人気があるとのことでした。

今では海外(フランスやアジアなど)でも売り出しているそうです!
とてもグローバルですね!

インタビューの様子2

さて、くさやの魅力だけでなく、八丈島の文化についてもお聞きしました

「八丈島ってカメを食べるって聞いたんですけど、、、」

と、そんな質問を投げると

「たしかにあるね~
 けど、今じゃそんなに食べないよ 漁もしていないし」

とのことでした。

「ほんとは離島キッチンでカメ肉でもできたらなー
 なにかカメ要素を推したいな~」

と思っていた、私たち。

少し残念ムードを出していると、

「そういや、カメの剥製ならあるよ」

「あ、剥製とかもあるんですね。
 それがお店に置けたらそれだけでも魅力増しますね~」

「なら、持ってく?」

と言ってくださる浅沼さん

「えええ!?いいんですか!?」

「いいよ、ずいぶんと押し入れの中にあるものだし、あげる」

な、な、なんと、八丈島の方の親切心おそるまじ。

島に到着してから数時間、
開始一軒目でまさかのカメの剥製ゲットしました!!!
カメの写真

せっかくいただいたので、店に飾らせていただきます!
みなさんも、珍しいカメの剥製を見に、ぜひご来店ください!!

最後にお客様に向けてメッセージをいただきました。

「とりあえず食べてみてほしい。
 食べてはじめてこういう食べ物だってわかるから。」

一度食べればくさやのおいしさはわかるかと思います!

みなさんもぜひ試してみてください!

マルタ水産では、くさやの魅力や島の魅力をたくさん教えていただき、さらにカメの剥製までいただきました!

そんなとても優しい浅沼さんと最後にパシャり
集合写真

浅沼さんのくさやは日本橋店でメニューになる予定なので、みなさん、浅沼さんのくさやを食べにぜひ離島キッチン日本橋店にお越しください!!!

つづく(笑)

文 大野木 諒