掲示板

2017年12月05日

学生島物語

佐渡を知る~その1~

こんにちは!
現在神楽坂店にて佐渡島のマンスリー企画をやっています、法政大学チームです!

前回の学生島物語で、私たちが佐渡島に行ってきたことを、
ほんの少しだけしかお伝えできませんでしたが、今回から佐渡島で実際に体験してきたことと共に、佐渡島の魅力をもっともっと皆さんにお伝えしていきたいと思います。

まず私たちが向かったのは「尾畑酒造」
こちらでは社長の平島 健さんとお話をさせていただきました。
S__45744131
(尾畑酒造)

明治25年(1892年)創業、現在まで125年間、
佐渡島を見てきた蔵元だからこそ知る歴史をたくさんお話ししてくださいました。
その中でも私たちが一番印象に残っているのは「佐渡のお酒の歴史」です。

佐渡島はかつて江戸幕府の直轄地だったことや、金山があり金がたくさん採れたことによって栄え、人口も増加し、たくさんの人が食べて生きていくために
「お米」がたくさん作られるようになりました。
しかし当時、金を手で採っていたので手で採ることに限界がみえ、
人々はどんどん金を採ることを辞め、島内の人口も減少していってしまいました。
お米の消費が減り、余ってしまったため「お酒」を造り始めたと言われています。

お酒が造られるようになったプロセスを知った私たちは、
6人全員「そういうことだったんだ!」という驚きや感動と共に、
佐渡島の歴史の面白さを感じました。
佐渡島に行く前に、島について下調べを重ねていましたが、
やはり島の方から聞くお話に勝るものはないなぁと実感した瞬間でした。
S__45752328

尾畑酒造は米・水・人・佐渡の4つを「四宝和醸(しほうわじょう)」と呼び、
大切にしながら、様々な種類の「真野鶴」というお酒を造っています。
2014年からは、廃校になった校舎を仕込み蔵として「学校蔵」というお酒を造るなど、佐渡島の環境との共生を考え、また島内外の人々へお酒や佐渡について学ぶ場を
提供する活動なども積極的に行なっていらっしゃいます。

今回は、そんな尾畑酒造のお酒を3種類、神楽坂店でお楽しみいただけます!
「真野鶴大吟醸」「学校蔵2017(仕込み3号)」「真野鶴本醸造辛口《鶴》」
こちらの3種を飲み比べできるセットをご用意しました!!

佐渡島のお料理にぴったりなお酒を、私たちが厳選いたしましたので、
ぜひあわせてお召し上がりください。
お待ちしております!!

写真 文
法政大学(酒井理ゼミ) 下池瞳華